BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

贈る椅子展の布は・・・

泥染め2






今回の展覧会の椅子の張り地はアフリカのマリで買ってきた布があります。
マリのドゴン族の住んでいる村に行ってきました。
泥水や草木染でひとつひとつ手作りの布達です。
アフリカにはおもしろい模様や彫刻がいっぱいです。

冬のプレゼント

冬のサービス

きらきら工房のテーブル作りで出た木っぱを薪としてプレゼントしてます。
きらきら工房の休憩室も今日から薪ストーブがスタートです。

薪が欲しい方はオープン時間内に車で来てください。
お待ちしてます。

贈る椅子展準備中

毎年、BC工房では贈る椅子展という展覧会を行っています。
今回で5年目になる展覧会の準備を青山BC工房では行っています。

爽やか特別な張り地で制作します。












贈る椅子特別な革で制作します。










ハガキお知らせを贈る準備中です。









大切な人へ、
大切な自分へ、
プレゼントしましょう。

今年のテーマは「和」です。
クリスマスにもぴったりな1品だけの
限定マイチェアを、
可愛らしいテーブルを
いっぱい集めて展示します。
是非お店に足を運んでください!

無垢の木キッチンカウンター

「無垢の木カウンター」カウンター1

こんな無垢の木カウンターをつくりました。
細くて使いにくかった、カウンター?部分に、
無垢の木をアレンジしてつくりました。
3種類の木を組み合わせた、ユニークな無垢の木カウンター。 
                                       

カウンター3






カウンター4






テレビ台
リビングに合わせて作った、テレビ台も。

3年前に、テーブルと椅子のセットを購入してくださった
Wさんの無垢の木カウンターとテレビ台。
少しづつBC工房の椅子やテーブルが増えて、
とても自然体で、普段着のようにテーブルや椅子を
使いこなして下さる様子が、印象的なWさんのお宅です。
3年越しのカウンターができて、
またまた良くなりました。
これからも長くお付き合いください。
ありがとうございます。

きらきら工房紅葉ニュース

ランチ風景

きらきら工房の周りは紅葉した木々がとっても綺麗です。
今日は、本牧BC工房でテーブルセットを買ってくれたご家族が遊びに来てくれて、自慢のきらきら紅葉デッキでランチをしていきました。

贈る椅子展 製作

 藤野BC工房では、ただいま贈る椅子展の製作真っ最中です
 今年も いろんな布と革で、おもしろいスペシャルな椅子を作ってます





<送る

田野さん、ありがとう。



先日、テーブルと椅子を購入してくださった田野さん。
ご実家の広島特産である柑橘類を、青山BC工房と本牧BC工房へ
段ボール箱いっぱいに送ってくださいました。
みかん、かぼす、すだち、ザクロ、八朔ゼリーなどなど、
レシピと共に、うれしい手紙も一緒に、届きました。



「・・・・・本牧での出会いが、私たちの運命を変えたと言っても
過言ではありません。いろんな偶然が重なって私たちはあの日工房
へ辿り着きました。もし、お店を回る順番が違っていたら、あるい
は道に迷ったときにあきらめていたら、他のもので満足していたか
もしれません。・・・・・テーブルと椅子だけに○万円出すなんて
周囲だけでなく本人たちもびっくりです。でも、たとえ非難されよ
うがあきられようが、心の声は無視できないと気がつきました。
・・・・・(続く)」
季節感あふれる、柑橘類のいろんな楽しみ方とともに、
丁寧な心のこもった、うれしいうれしいお手紙をいただきました。

田野さんは、本牧BC工房で椅子やテーブルを見て、
青山BC工房で「コレッ!」っていう椅子に出会って、
また本牧BC工房に来て、
ウォールナット材とクルミの木を合わせたテーブルを
選んでくださいました。
椅子は、小楽工芸椅子とくつろぎ工芸和椅子。

1脚づつ、1台づつ、いろんな思いや人が重なって、
ひとつのカタチになっていきます。
その先に、使ってくださる人がいます。
私たちのつくるモノが、こんな出会いを生み出しているということ、
こんなに喜んでくださるということ、
うれしい気持ちと、感謝のキモチでいっぱいです。

いいテーブルと椅子をつくります。
田野さん、ありがとうございます。




こんな間近でザクロを見たのは、実は初めてです!
さっそくいただきました!! taki



このみかん、ウマイです!!
ありがとうございます! take

すだち、塩、胡椒で、お肉&野菜、定番になりそうです!
ohyoshi

手紙を読んで、思わずジーンときました。
うれしいです。
いいテーブルつくります! saito

おむすび





BC工房の「おむすびスツール」って、知ってますか?
小泉誠さんデザインの、ロングセラーのスツール。
おにぎりみたいな、三角形の「おむすびスツール」。
なんとホントに、おむすび屋さんで使ってもらっているんです。






東京、八丁堀にある「鈴木米店」
かわいらしい、素敵な、
お米屋カフェ?っていうんでしょうか。




全部食べたくなってしまうような・・・
おいしそうな「おむすび」と、お弁当が並んでいます。




3代目となる、(写真右から)鈴木さんご夫妻。
このカフェをオープンするときに、
「おむすびスツール」を選んでくださいました。
そして、BC工房S氏の還暦祝いのパーティーにも、
どっさりおむすびを、届けてくださいました。

鈴木米店のホームページは、こちらです。




鈴木米店のお弁当。
思わず、お弁当プラス栗おこわのおむずびも、
食べちゃいました。
新米で、すっごくおいしいです。
ごちそうさまでした。


笠間の藤本さん


先日、藤野町の工房に突然、笠間の藤本さんが現れました。
藤本さんは、いつもどこからともなくやって来て、
「じゃっ!」と言って去っていく、
なんとも不思議な風を持っている人です。




いつも、工房では藤本さんの器を使っています。
BC工房の無垢板テーブルには、
とてもしっくりなじみます。
お茶、コーヒーには、かかせない器です。
どうも、自然とこれを手にとってしまう。




お昼ごはんは、いつもこの器です。
「お鍋どん」といっています。
煮物、スープ、カレー、スパゲッティ、うどん、ラーメン・・・
なんでも使います。
なんでもおいしく感じさせてしまう、
すごい器です。

使い込んで、だんだん味わい深くなってきました。
みんなに使い込まれて、たくましさを感じます。
この器を見ると、無垢の木のテーブルと同じだなと思います。
時間とともに、使い込むほどに、
ぐんぐん良くなっている。



 
藤本さんからのお土産のタマネギ。
ダンボール箱いっぱいに、大きなタマネギ。
開けたとたん驚いたのは、
そのカタチと、大きさ。
なんだか普通に売っているタマネギとは、全然ちがう。
藤本さんの器みたいな、
愛嬌いっぱいの、なんだか笑ってしまう、
いいカタチ。
なーんか、うれしくなってしまう。
もちろん、味も良く、甘くて、おいしい。

手にしっくりなじむもの、気持ちにしっくり染み入るもの、
思わず笑ってしまうもの、うれしくなるもの、、、
みんなどっかでつながっている。
器の手ざわり。無垢の木の手ざわり。

藤本さんとは、笠間の藤本均定成さん。
藤本さんのことは、こちらからどうぞ






青山BC工房「味な椅子展」





9月20日(木)「味な椅子展」スタートしました。
おかげさまで、初日からたくさんの方が来てくださり、
うれしいかぎり。
「味の味」太田編集長も、お忙しい中初日から来てくださり、
ちょっとドキドキしつつ、お会いできてうれしかったです。
ありがとうございます。

1年分+αの、「味な椅子」と「味の味」を、
いっしょに楽しんでいただけたら、うれしいです。
BC工房のモノづくり、椅子づくりの背景、考え方、
1脚の椅子が生まれる物語などなど、を、
少しずつ書き続けている、「味な椅子」。




雑誌「味の味」
ずらっと並べると、その色とりどりの美しさに
ワクワクします。
毎月、丁寧につくられている、雑誌です。
BC工房のお客さんも、ファンになってくださる方が
少しづつ増えています。

展覧会期間中は、「味の味」をみなさんに差し上げて
いますので、ぜひお気に入りの1脚に座りながら、
読んでみてください。



(写真は、うたたね工芸椅子と無垢の木テーブル)
もちろん、展覧会の椅子たちは、
すぐにお持ち帰りもできます。
そして、いつもより、ちょっぴりお得です。

10月21日(日)まで、開催中です。
どうぞ気軽に、立ち寄ってください。

これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ