BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

2009年03月

ふじのBC  今週の目玉

673d9bed.jpg

  ふじの町もようやく寒い日々がおわり、ぽかぽか暖かい春日和がつづいてます

 ふじのSHOPの今週の目玉は、  でっかい椅子です。

 
medama 001

 おやすみもてなし椅子(ホワイトアンティーク仕上げ)
 革張り 赤
 定価250000円 ⇒ 130000円!!

 頭まくら
 背クッション付





たたみ一畳弱のおやすみサイズです
 この椅子でぜひ春眠を楽しんでください。




  

medama 002



















   安楽きらきら椅子 アームレス(旧タイプ)
   革張り 毛皮白&豚革茶
   背クッション付
  
定価185000円 ⇒ 100000円!!
 チークをガッツり使った 贅沢な椅子です
 体の大きい人でもゆったり座れます。
 体の小さい人なら二人すわれます。

 他にも いろんなサイズ、種類の椅子が、ふじのSHOPアウトレット価格で
 たくさんあるので、ぜひぜひ 遊びにきてください。

無垢板テーブル情報

くり神奈川・藤野町のきらきら工房には、良材たくさんあります!写真は、クリの木。
長さ290cm、幅1mあるとは、なかなかの大物です。
大きなテーブル材は、青山ショップ・本牧ショップで見ていただくよりも、工房の現場で見ていただくのが、いちばん。
大きな一枚板が欲しい!という、お探し中の方は、ぜひ「きらきら工房」へどうぞ。

写真の木は、コレカラ削っていく木です。
今はきれいではありませんが、このクリは、とっても木目がきれいです!

BC工房 無垢板テーブル情報もチェックしてください。
http://www.bc-kobo.co.jp/sh-tl.html

滝頭小学校 ヒマラヤ杉プロジェクト

テーブル完成
















横浜市立滝頭小学校。
創立80周年を迎えた歴史ある学校です。

図書室に「ヒマラヤ杉」のテーブルをつくりました。
1年近くかけた「ヒマラヤ杉プロジェクト」でした。




去年、
この学校の「ヒマラヤ杉」が枯れてしまいました。

80年、ずっと滝頭小学校のみんなを見守ってきたヒマラヤ杉。
校歌の歌詞にも「ヒマラヤ杉」。
生徒会の名前は「ヒマラヤ杉委員会」。
創立80周年記念のキャラクターは、ヒマラヤ杉の「タッキーくん」。
滝頭小学校のシンボルツリーでした。

枯れてしまった大木は、台風で倒れるかもしれません。
先生方は、このヒマラヤ杉を切ることを決断しました。

昨年6月ころ、
伐採を担当した日光緑化さんのご紹介で、
滝頭小学校を訪ねました。

「創立80周年の記念に、このシンボルツリーを何か
 カタチにして残せないだろうか。」

無言で立ち尽くすヒマラヤ杉が、
「滝頭小学校のみんなと、これからも、
 ずっといっしょにいたい。」

と言っているように思えました。

このヒマラヤ杉に新しい命を吹き込むことは、
木にたずさわって生きる僕たちの使命だと感じました。


滝頭小学校
















飾りのオブジェではなく、
もっとみんなの近くで、
触って、つかって、キズをのこすテーブルにすることを
提案させていただきました。


伐採1

















8月19日ヒマラヤ杉はに伐採されました。
それから5ヶ月、新しく植えられたヒマラヤ杉の横でじっくり寝かせました。



全景

















>画像 001












1月、トラックに載せて、飛騨高山へ製材の旅。

DSC01927








DSC01938








大きなのこぎりの機械で、丸太を板に割ります。
どんな木目か、ワレがどこまで入っているか、
もっとも緊張する一瞬。
挽きたてのヒマラヤ杉は、しっとりとやさしい肌色で、
乾燥も良好で、ワレも少ない良材でした。


DSC01940






























DSC01935










製材した板は、
人工乾燥に入れ、水分をしっかり落としました。

そして、2月18日、
工房に乾いた木が届いて、制作。

3月11日納品。


IMG_4448


















みんなで、焼きペンをつかって、
「タッキーくん」や校章をテーブル、丸太の椅子に描きました。


柱アップ



















立っていた樹としての記憶を残すように、
テーブルの真ん中に柱を立てました。




IMG_4449




















みんなで、毎日つかって、こっそりキズをつけて、
いつかオトナになって、帰ってきたときにそのキズを見つけてほしいな。



この「ヒマラヤ杉プロジェクト」が、

3月17日(火)12:30〜14:00 
 tvkテレビ 「ハマランチョ」

で紹介されます。


腕利きディレクターによる素晴らしいドキュメンタリーに
仕上がっていることでしょう。

みなさん、ぜひごらんになってください!



のこ目テーブル


今、本牧BC工房には、のこ目テーブルがあります。


のこ目
さらっとしたテーブルとは違った、なんだかあったかいでこぼこ


のこ目って???


鋸目の表面


のこ目とは、丸太を製材したときにできる、大きなノコギリのあとです。




丸太を製材して、板になった木は、乾燥(自然乾燥・人工乾燥)させます。
この期間が約半年〜1年。

製材〜乾燥の間に、板は割れたり、反ったりするのがふつうです。
平らなテーブルを作るためには、もう一度機械にかけて表面を削ります。
そうすると、ノコギリの跡であるのこ目は、そこで消えてしまいます。

つまり、乾燥の間に反りの少なかった木、反りのほとんどない素直な木が、
のこ目の残るテーブルにできるわけです。


こんなスジの良いまっすぐな木を、大胆に、ざっくり荒く仕上げて、
その木の持つチカラを引き出しているのが、BC工房のZARA仕上げテーブルです。


その木の具合と相談しながら適度に磨いていますので、
凹凸にふきんがひっかかる!なんてことはもちろんありません。



ざっくりとした手触り、規則的な表面の凹凸、「木」の立体感を感じる


触って、さわって


無垢の木の触感を味わってください。



今週なら、目玉価格です!


http://www.bc-kobo.co.jp/kb-hm.html



写真:マホガニー無垢の木テーブル(のこ目仕上げ)
   幅246cm 奥行き89-95cm 厚み5.5cm
   価格 300,000円

コラージ初花月

縄文土器すっかり3月になってしまいましたが、2月23日号のご紹介。

毎月、BC工房あるじ鈴木恵三が「工房楽記」というコラムを書いています。
今号は、ふじのBC工房の上にある、ミーティングルーム兼食堂兼デザイン室兼私たちのリビング、のもてなし工房「もてなし食堂」での昼のひとこま。

もう春だというのに、まだまだ藤野は、雪がしっかり積もります。
デカイまきストーブには、どんどん木を入れて、燃やしています。



webマガジン「コラージ」
http://collaj.jp/data/magazine/2009-02/index.html
常に進化している、見て読んでおもしろい、マガジンです。


これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ