BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

2013年02月

ストレートモダン

先週、納品だった都内のNぐちさん。
楽しみにして家に帰った。扉を開けたら、我が家にテーブルが。
感激しました。ありがとうございます。
お礼の電話を頂きました。

Nぐちさんは、相模原市の山奥、きらきら工房まで来てくれました。
サイズ、空間を大切にする、都会派、スマートな印象を受けるご夫妻。
我が家にはチョット大きいかなーと、気にしていた様子。
家に帰ってもう一回測って、連絡いただき、チョット長さをカットしました。
無垢の木テーブルはどこで切っても無垢です。なのでピッタリサイズにできます。

BC工房のテーブルは、木の自然な形を生かしたデザインが一番人気です。
半分以上の方が好まれます。
2〜3割ぐらいの方はストレートモダンを選ばれます。
形はタダの長方形です。でもそこには、根強い人気がギッシリ詰まっています。

まっすぐに伸びたライン。空間にあったサイズ。
長さカット面から見た、ギッシリ詰まった広葉樹の質感。
IMG_2144

スッキリした形と、木の素材感にグッときます。IMG_2145

どこから見ても良い感じです。
スッキリした生活が送れそう。
ストレートってステキですね。


Nぐちさん、1時間程度お話しただけなのに、勝手な印象を書いてスイマセン。
お電話ありがとございました。また遊びに来てください。

きらきら工房 青山慎

BCスペシャル・アンティーク テーブル

先日、青山BC工房にてテーブルを購入して頂いたAさん。
素敵なご夫妻。東京の生活と、自然豊かな別荘での暮らし。
別荘は秋の完成予定です。まだ建物は出来ていないそうです。

そんな中、ダイニングのセットをどうしようかな。と、来店されました。
Aさんの別荘は素材感を活かした空間のようです。
木、鉄、テラコッタなど、適材適所で使い暖炉も作るそうです。
お話し聞いていても、素敵な仕上がりイメージが伝わってきます。

そんな中、Aさんのテーブル好みを聞いていきます。
モダンになり過ぎず、和のテイストでもなく、というキーワード。
私もそういうバランスが好きですね。同感です。店内探しながら、
テーブルリーダー・SINにも電話で、工房材料ストックなど聞いてみたり、
オススメを一緒に探します。


◎そして見つけました! Aさんご夫婦、これ良いじゃない。という反応。
3
ナラ材・アンティーク仕上げです。この仕上げは、ちょっとザラッとしています。
コトバでは表現しにくい彫刻をしています。色味もほのかに艶やかに、
無垢材の質感を出しつつ、程よい色合いです。

そしてこの天板に合う、オススメの鉄脚をセットしました。
この脚もスペシャルです。木と鉄の組み合わせ。
真ん中にアクセントでナラ材を挟んでいます。鉄の質感もポイント。
アンティークアイアン仕上げ。テーブルと脚のベストマッチ!
質感にコダワリのあるAさん宅にも、ベストマッチでしょう。



◎このように照明の当り方でも、色味も違って見えます。
4
淡い桃色といいましょうか。赤味も感じられますし、白っぽくも見えたり、
ナラ本来の表情も見せます。なんとも不思議です。



◎Aさんの座られた感じを撮りました。大勢でも集まれる。雄大な無垢板テーブル。
2
お気に入りの、だんらん工芸椅子に座ってもらいました。
秋頃までには、椅子の方も決めないとね。と言ってくれます。
テーブル決めるつもりはなかったんだけどな。でも気に入ったんだし良かった。

嬉しいお話しです。BC工房のお客さんは一年前に購入される方もいます。
ゆったりと工房にて保管し、ご希望の日にお届けしますよ。


◎こちらは青山ショップ・オススメです。 タマゴテーブルセット。
6
人気のだんらん工芸椅子4脚セット。Aさんもお気に入りの椅子ですね。
そしてこのテーブル仕上げも新しいです。艶やか光沢があります。
新しい仕上げです。仕上げの多彩さ。これもBC工房ならではです。

無垢板テーブルは出会いです。一つだけしか有りません。
同じ物はありません。その出会いを見つける楽しみ、探す喜びです。
みなさん、自分だけのテーブルを、私にピッタリのテーブル、椅子を。

BCスタッフと一緒に探しませんか?
お店にてお待ちしてます。どうぞ。どうぞ。

BCスタッフ GAKU

お父さんのためのゆうゆう和椅子

お父さんのための椅子を探しにわざわざ群馬県から来てくれたOさん、
カタログを送って気になっていた椅子達に色々座ってくれました。

net-wa-yuyu2
その中で気に入った椅子がこのゆうゆう和椅子
でも今使っている椅子と比べると座面が高いのが気になるようでした。


その場で絵を描いて座面の高さを考えます。
お店には来れないお父さんのための椅子。
お客さんと一緒にスタッフで考えます。
そして完成した椅子のスケッチがこちら。 
           
名称未設定 1 のコピー
なかなか座り心地もよさそうです。

DSCN0566
今週藤野町にあるアマンBC工房で早速加工して実際に座ってみました。
ゆうゆう和椅子の座り後こちの良さに加えて、
座面が低くなって脚も伸ばせてリラックス感が増しました。
立ち上がりはちょっと力が必要です。
テーブルを使って立ち上がってもらうと良いかな。

DSCN0565
お父さんへ感謝の気持ちを込めて焼ペン名前を入れます。

お父さんが喜んでくれると私たちもうれしいです。
Oさん、お届けを楽しみにお待ちください。

BC工房 竹村

マホガニーで制作!! 夢のボード

皆さん、マホガニーと言う無垢の木を知っていますか?
ギターやバイオリンに使われたり、家具でも昔から使われている高級材です。
憧れを持つ方も多いはず。

今回はそんなお客さんのお話です。
マホガニーを使ったTVボードをお考え中。

これまでもBCスタッフのGAKUが図面を書きながら
お客さんとやりとりを続けてきました。
今回、楽がポイントにあげていたのはプリンターの収納方法。
実物のプリンターを見にビックカメラに行ったり、
引き出すレールを福岡の会社から取り寄せたり。
夢のボードを作るために飛び回って
今日の打ち合わせの準備を進めていました。

DSCN0537
マホガニーの色はどんな色?

DSCN0540
引き出しはどれだけ出るのでしょう?

DSCN0539
ひとつひとつ確認をしながら夢をカタチにしていきます。

完成まではまだまだ時間がかかります。
気気鶻擇靴澆砲待ちください。

BC工房 竹村
これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ