BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

2013年08月

「20代でも買う人いますか?」

「20代でも、こういうテーブル、買う人いますか?」

暑かった8月のはじめ、
28才と27才のOさんご夫妻に聞かれました。

「すごいいいですよね。こういうホンモノのテーブル。
 でも、賃貸の家だし、まだ早いのかな。とも思うんですよ。
 金額もするものだし。 でも、やっぱり、いいですね〜。」

そう聞くと、思わず熱く語ってしまいました。

「20代のお客さんは、少ないですが、いらっしゃいます。
 無垢板テーブルは、ず〜っと、使えます。
 壊れることは、まず、ありません。

 毎日、食べる、話す。仕事をする。
 時々、たくさんの人を呼べる。集まる。
 何でも、ここでできる。
 引っ越しても、どんな所に住んでも、
 このテーブルと、マイチェアがあれば、
 そこがOさんの家になる。

 これから、お二人でつくっていくくらし、その土台になります。
 20代でつかいはじめたら、80才になるまで、50年以上つかえます。
 いろんなドラマが、このテーブルの上で、繰り広げられるでしょう。
 毎日の食事が、ちょっと豊かに、おいしく感じる50年。
 家の中心に、みんなで集まる場所がある50年。
 20代から、無垢板テーブルをつかう。
 もちろん、高い買い物ですが、
 長い目で考えたとき、この投資は、絶対に何倍にもなって帰ってきます。
 20代で早すぎる、ということは、決してありません。
 むしろ、早いほうが、絶対にイイです。」

などと、
自分も20代から無垢板テーブルを
つかってきて、つくってきて、納めてきて、
の思いをわーっと話してしまいました。
   
       ・   ・   ・    

お盆過ぎ、また、暑い日。
Oさんご夫妻が、また、来てくれました。

「決めました。このテーブル、買いに来ました!
 椅子もいっしょにお願いします!」
20代岡野さん
ふたりは、未来に向けた、前向きなエネルギーにあふれていました。

       ・   ・   ・    
 
夏の終わり。8月最終日。
今日もまた、暑い日。

Oさんのお家にテーブル、椅子の納品に行きました。
okano
引っ越して1週間の、まだ荷物の少ない二人の新居。
ここから、はじまるんですね。
「がんばりましたよ〜。」とご主人。
chauchau
かわいいチャウチャウ椅子が奥さんと一体化しているようでした。
テーブルのふっくらした感じともぴったり。

Oさん、ありがとうございます。
お二人に会えて、初心を思いかえすことができました。

ずっと、誰かのくらしをささえる家具をつくる。
20才の時に思ったこと。
続けていこうと思いました。

BC工房
KAZU

チーク材の椅子のカンタンお手入れ!

先日、横浜BC工房の留守番電話に、せっぱつまったメッセージが。
「明日、お客さんが来るんだけど、椅子をきれいにするやり方を至急教えて!」
申し訳ないことに、藤野の工房に行っていた私がそのメッセージを聞いたのは、
その「お客さんが来る明日」を1日過ぎていました。
「連絡遅くなりすみませんでした。これからうかがって、クリーニングしましょうか?」
「水ぶきして、少しきれいになったけど、黒いのがとれないのよ。来て下さる?」
現場へ急行しました。

7年前に納めたゆったりきらきら椅子。チーク材のオイル仕上げです。
おっしゃるとおり、まだ木部が黒ずんでいます。
ビフォーIMG_1966
これは、アブラ汚れが固まったもの。
ダイニングチェアは、料理の油、手の脂、ホコリ、いろいろついてきます。
椅子のチーク材は、長年使っていくと、色が濃くなります。
木自体の日焼け、オイルの日焼け、そして、アブラ汚れがミックスして、
いい味わいになってきます。
この黒ずみも、味の一つ、とも言えますが、ちょっと汚れを落とすと、
チーク本来の色と、ツヤがもどります。
アフターIMG_1967

どうですか?黒ずみがとれて、深まったチークの色は、まさにビンテージ。
この色とツヤこそ、チーク材のオイル仕上げの真骨頂です。

これは、誰でも簡単にできます!
市販のメラミンスポンジを使います。「ゲキ落ち」とかの名前で売ってます。
メラミンスポンジに水を少し含ませてこするだけでかなり落ちます。
水ではなく、
市販のオレンジクリーナー、アルカリ電解水クリーナー、重曹クリーナーなどと
いっしょにこすると、さらによく落ちます。
あまり目立たないところで練習してみてください。
水でべちゃべちゃにすると、木にしみ込み過ぎて、
オイルを取って白くなってしまうので、注意。
布や、キッチンペーパーで、水分と汚れをふき取りながらやってください。
市販のクリーナーで、これだけでツヤがもどる!とかいうのは、
シリコンなどのつや出し剤が入っていて、
木の上に薄く塗装したようになってしまうので、
薄化粧のオイル仕上げの材には、向きません。
IMG_1962
クリーナー、水をよく拭き取って、
うすくワックスを塗って、すりこむようにふき取れば、
美しいチークがさらに美しく。
BC工房ではオリジナルの「きらきらワックス」をお分けしています。(700円)
蜂の巣からの「みつろう」と植物油の「アマニ油」のシンプルブレンド。
オイル仕上げのメンテナンスには、
市販のワックスの場合、シリコンなどのつや出し剤や、
樹脂分などの塗膜成分が入っていないモノがよいです。
これは、使った時はきれいですが、表面に膜をつくるので、
何度もやると、テカッてきます。
上に乗せたものは、いずれ劣化するので、
一発でツヤピカになるものは、その後の落差も大きいものです。

左がクリーニング&ワックス前、右がクリーニング&ワックス後。
ぜんぜんちがいますね〜。IMG_1971

2脚とも、新品の時より、ビンテージ感あふれる深い色とツヤになりました。
IMG_1978

「すごいきれいになったわね!」
お客さんも驚いて、やっている間ずっと見てくれてました。

チークの無垢材をオイル仕上げでやってきてよかった〜。
と改めて思いました。
チークの色は深まる。手入れができる。ずっとつかえる。
大事なのは、「クリーニング」です。
木の表面の余分なアブラを取ること。
そうすることで、また薄くワックスをすりこむだけで、きれいになります。
お肌のお手入れと同じ。洗顔と保湿。素肌美がいちばん。

ヨーロッパのアンティーク家具のように、
クリーニング&ワックスを繰り返して、長く長く使っていくような、
塗装文化が日本にも定着していくことをずっと夢見ています。
個人的に思うのは、
今までの日本の家具は、塗装で損していると思います。
せっかくいい材をつかって、しっかりつくっているのに、
均一にするため、クレームがないようにするため、
ウレタン、ラッカーに色を入れて、厚塗りしてきました。
それが、劣化したり、はげると、下地の木の色が見えて、
とても残念な感じになります。
塗膜が強いだけに、メンテナンスはプロでも難しい。
買い換えた方が安いですよ。なんて売る側の論理で言ってきた。
塗装がライトで、やり直せれば、もっと長くつかっていけるのに。
他の誰かにつかってもらえるのに。

オイル仕上げは、
塗膜がほとんどないので、メンテナンスがしやすい分、
汚れやすかったり、シミができやすかったり、保護が弱かったり、
ユーザーがメンテナンスしなくちゃいけなかったり、
デメリットもあります。
「自然塗装」が万能なわけじゃない。
長い目で見たメンテナンス性、経年変化、日々の使い勝手。
いろんなバランスを考えていくと、
塗装は家具屋にとって、永遠の課題です。
チーク材のオイル仕上げは、素地自体の色つやをいかして、
メンテナンスのよさ、経年変化のよさがある、
長くつきあいやすい仕上げだと思います。

長年つかってくださっているBC工房の椅子を、
もっと愛着持ってつかっていけるように、
オリジナルブレンドの「クリーナー」を実験中です。


BC工房では、テーブルの仕上げも、ずっと試行錯誤しています。
オイル仕上げや、漆仕上げ、いろいろやってきました。
今、テーブルの仕上げは、
薄い「ウレタン」と「ワックス」の「ハイブリッド仕上げ」です。
今度は、テーブルの手入れについても、お知らせしますね。


BC工房
仕上げマニア
KAZU

『こだわりデスクと書棚と椅子』 そして踏み台。


素敵な書斎とは?

その人の趣味趣向が伝わってくる。仕事場であり、
くつろげる場であり、ジックリと物事を考える場。

そうだ!少年時代に仲間と作った秘密基地。男の隠れ家?
そんな連想をします。大人でも同じ。そこは好きなモノを嗜む場。

今回Tさん宅で一緒に考え、ジックリと作ってきたこの書斎。
Tさんの趣味趣向、そして仕事場でもある。素敵な書斎です。


昨年の春納品。       こちらのデスク。極上ケヤキ一枚板。
デスク納品






 






青山BC工房にてケヤキテーブルを選び、脚収納デザインを考えました。
引出し脚で書類などの収納もバッチリ。そして反対側は棚仕様。
向かい側は、趣味のカメラなど、さりげなく収納。まさに優れ物脚!

こちらの椅子、ご主人にピッタリの椅子をあつらえました。
向かいの可愛い椅子は、『こぶり友の椅子』です。
お孫さんが、私の椅子〜。と座りにくる人気モノ。



今年の春には。    なんと大きな書棚・壁面ボードを作りました!
ボード













このボードも詳細を決めるまで、何度も丁寧にヤリトリキャッチボール。
スケッチで確認してもらいながらイメージをリアルにしていきます。

デスクもボードも、Tさんから相談頂いた時から親身にヤリトリしていきます。
そうすることで納得のモノへ。使い勝手の良いモノへ。



そして今回。  リビング用・極上パーソナルチェアをお持ちしました!
7













この椅子も二ヶ月前に相談頂いたリビングチェア。候補の椅子を出前。
そこから選び、特注椅子へカスタマイズ。Tさんにピッタリの仕様へ。

『安楽工芸椅子』、『工芸スツール』、をアレンジ。オンリーワンへ。
極上パーソナルチェアへ。あつらえオーダー。そして出来上がったのです。



納品写真を。     私もご夫妻と一緒に入らせてもらいました。
8













Tさん宅は書斎用爽やか椅子。リビングには安楽工芸オットマン付。
こぶり友の椅子2脚。とても賑やかです。BC工房の優しい椅子たち。
そこに安心感。重厚感。本格デスク&書棚ボードたち。素敵な空間です!




そしてサプライズ!  天井まである書棚。素敵な踏み台を作りたい!!
1













Tさんに喜んでもらいたい。この書斎に似合う踏み台を作ろう!
安心感のある素敵な踏み台。高さ250僂療薫罎房蠅届くくらいへ。

既製品ではスチール脚立になってしまう。それではちょっとなあ。
粋な踏み台。愛着わく踏み台椅子を作ろう。と考えていました。
スケッチを何枚も描き、そこから生まれたのがコチラです。




使い勝手を伝えます。    ステップ一段目の使い方はこうですよ。
2












お孫さんが座りやすい高さ。私でも座れます。飾り棚にもなりますよ。



ステップ二段目。   なかなかの見晴らし。ちょっとした見晴らし台。
3













人は高低さを楽しむ生き物。人類の先祖は木に登っていたのでしょう。
目線が変わる。普段とも違う視界は新鮮。立ち姿勢とも若干違う。
これはオモシロイ。飾り棚二段付とも言える。万能踏み台。



一番の役目。  踏み台として。バッチリです!!
4



















踏み台高さ60僉Tさんが登るとこんな具合です。一番上段の棚に届く。
これこそ見晴らし台。最高の眺め。毎日登りたくなるデザインと安心感。
ステップには滑り止めの彫刻溝が施され、さらにツカマリノブ付。



オブジェのような踏み台。 愛らしい存在感。
5



















愛らしく握りやすいツカマリノブには、Tさんの素敵な帽子掛けにも。
バッグやマフラーなど小物を引っ掛けても良いですよ。そんなイメージで、
こちらを作りました。作り手として絵に描き、考えた事を伝える。

そんな想いを込めて作ったこのオブジェ踏み台椅子を、
Tさん本当に喜んでくれました。嬉しオドロキの先作りご提案。
書斎はどんどん使いやすく、キモチ良い場所になっていきます。

BCスタッフ gaku

無垢板でカウンターをつくりたい!

ケヤキ243x50

今、テーブル工房「きらきら工房」には、
「ハンパだけれど、いかしておくれ」のコーナーがあります。
テーブルには、「ハンパ」というだけで、実は、カウンター、棚材としたら、A級品。
上の板に10万円。と書いているのを見つけた方、いい目をされてますね。
これは、加工なし、そのままの板材としての工房特別価格です。
スタッフの私が見ても、「ええ!!そりゃないだろう!」というくらいの価格がいっぱいです。
実際、平面に削って、カタチを出して、磨いて、塗装をして、となると、加工費はありますが、
それでも、「それでいいのか?」という価格の時もあります。
ぜひ、きらきら工房に行ってみてください。
現場に来られた人だけが、この驚きを体験できます。
ケヤキ243x50

今週、上の写真のケヤキを削ってみました。
超A級品の木目!色気がある。これはカウンターに最高の材。

無垢板のカウンターの世界をちょっとごらんください。

キッチンカウンター 
 既存の細いカウンターの上にかぶせて、固定。
 元からそうだったかのように、あつらえます。
菅沼稔 (5)

洗面カウンター
 お気に入りの洗面器、水栓を取り付けます。
 建築、設計とコラボすることも多いです。
IMG_1006

ニッチ棚 
 壁面にちょっと無垢棚。粋です。
IMG_1001

ワイルドキッチンカウンター
 ここで、つくって、飲んで、食べて。
 奥行き60cm以上あると、食事もしやすい。
亀井邸カウンター (9)

キッチンカウンター+収納ボード
 既存のカウンターの上に奥行きを広くした、無垢板カウンター。
 その下に、グラスやカトラリーを入れる、収納を。
 リビングの方から、グラスを出し入れできて、便利&楽しい。
 ホームパーティーにぴったりのカウンターボード。
金澤邸 (6)

7mバーカウンター
 お店用のカウンター材もたくさんあります。〜7mまで。
 つないでいけば、10m、15mだってできます。
 いいカウンターの店って、馴染みになってしまいますね。
 カウンターをはさんだ距離というのは、打ち解けながらも一線あり、というか。
アサメラ7mカウンター

こちらは、アマンBC工房にある、カウンター工房。
でっかいのを探している方は、こちら。
家庭用の楽しいカウンター材は、きらきら工房へ。
カウンター工房1_R


もちろん、青山、横浜、まちだ、あつぎのBC工房でも、なんでも相談してください!


BC工房のカウンターマニア
KAZU


青山BC工房の1日

青山BC工房は今日も展示をお店で制作しています。

DSCN4083















GAKUは来たばかりの新作トチストレートモダンテーブルをメンテナンス中。
BC工房特製みつろうワックスを塗りこんであげると艶が出てよい表情を見せてくれます。

DSCN4080















私は新作のだんらん工芸椅子を製作中。
限定のマロンブラウンの牛革を使っています。
大きな花柄の布とよく似合います。

DSCN4087















ABEは接客中。
新作のセットに座っているNさんは2週間前に一度来て座り心地の良さを実感。
奥さんにも座ってもらいたいと再来店してくれました。

今日は新作の白秋だんらん工芸椅子を購入。
Nさんの好みで張地を選んでもらい、世界に1脚のオリジナルチェアを作ります。
届くのを楽しみにお待ちください。

DSCN4089















新作 ケヤキ無垢たまごテーブル&だんらん工芸椅子×4脚セット
だんらん工芸椅子は出来たてほやほや!!!
ケヤキ無垢たまごテーブルは幅180cm奥行が79cm〜102cmと大人4人がゆったり食事を楽しむサイズ。
テーブル高さはBC工房おすすめの65cm。
ちょっと低めの落ちつく高さでゆったりくつろぎながらご飯を食べてほしい。
そんな気持ちのいっぱい詰まったセットです。
セット価格 656,000円。

皆さんぜひ最高の座り心地を青山BC工房で実感してください。


BC工房 竹村
これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ