街はメリークリスマス! あなたも私もメリーメリークリスマス!!

青山ショップ、そしてその周りも、とても活気があり、イルミネーションが鮮やか。
その中で、いつも変わらぬ安心感と、優しさの感じるBC工房の家具たちです。
寒い季節ですが、お店には沢山のお客さんが来てくれます。嬉しいです。

そしてワタシから。今日のお話しは、
新しいマンションに壁面ボードを作りたい。という相談に来られた方のお話です。
青山ショップ内をジックリと見ながら沢山話し、好みを聞いて、一緒に考えました。

デザインキャッチボールをしましょう。これからのヤリトリは絵を描きます。
メールで送り、意見や要望を聞いていきました。青山スタッフ三人います。
それぞれの個性が、人柄が出ます。皆違う。絵でも伝わります。
三人のアイディアから、イメージが拡がっていったら。という願いでした。


それから二ヵ月後      今日は内覧会の日。 そして実際のマンションでの打合せです。
1
素晴らしいホテルのような佇まい。パブリックスペースが広いです。
中に入ると、こんな素晴らしいロビー。開放感があります。
ツリー横には私のキャリーバッグ。この日に向けて準備したモノと想いが入っています。




お部屋に入ると、とっても明るい空間!!   素晴らしい眺望です。まず景色に目がいきます。
2
この明るい空間にはBC工房・無垢の木ボードも存在感抜群!
ステンドグラス入れても、とっても綺麗だろうな〜。と感じます。



キャリーバッグから、丸めていた紙を引き伸ばします。 皆さん、これ何か分かりますか〜?
2-1
この紙、実はA3を張り巡らして作りました。力作です。
長さ230僉濾80僉そんな大きな紙に原寸描きました〜!



今度は新聞紙をペタペタと貼ります。        これは何をやっているのでしょうか?
3
下のほうは太く、上のほうは細いですね。



床に広げます。  家具をお店で見るのと、家で感じるのは違う。そんな経験ありますね。
8
実際のサイズを家で体感したい時の方法は、その家具を、
新聞紙を使って表す。原寸大で床に置いてみる。とても良い方法ですよ。



先ほどの紙を貼りました。  見えてきましたね。お分かりでしょうか。
4
こうすれば何がしたかったのか分かってもらえたでしょう。



そして今日のイチバン!  春夏秋冬ボードの主役とも言いましょうか。ステンドグラス!!
5
こちらのステンドグラスは、ひし形というか、◆模様です。これを基調にして春夏秋冬へ。
同じ色で、デザインも。統一感出すのも良いが、これだけ大きな壁面です。
4種で四季を。彩りを。変化を出して美しくしましょう。と提案します。



テレビのサイズは何インチですか〜?   さらにリアルさを出す為、聞き出します。
6
造り付壁面ボードは、テレビ配線など、細かな点も押さえなければなりません。
テレビのサイズと位置。そして電源&アンテナ線、コンセントをどうするか。
そんな詳細事も大切になります。一つずつ解決していきます。



そして、全体像はこうなりました。        原寸イメージで分かりやすい。
7
両サイドも、床面にも、奥行感を出しました。高さと幅、そして奥行です。
お客さんと私たち。立体感を出して分かりやすく。




こちらが原画。A4サイズの平面スケッチです。    これはアタマで分かる物。 
春夏秋冬
しかし人間は、日常では身体で物事を感じます。アタマで理解しようとする事と、
感じて分かる事で言うと、家具は感じる物です。ならば原寸で感じるのがイチバン!



たそがれタイム  午後からの打ち合わせも夕刻。 これがまた素晴らしい眺めなんです!
10
一日の中で、こんなに景色が、空が、グラデーションのように変化していく。
綺麗としか言いようがありません。感動と言った方が近いココロの状態。
そんな素晴らしいお部屋に、春夏秋冬・彩りボードは映えるでしょう。

一日の空の変化のように。
クリスマスツリーのように。そして日本の素晴らしい四季。春夏秋冬。
季節事に、4種のステンドグラスが、その時のキモチに合った色味を出してくれるでしょう。
自然界には本当に沢山の色がありますね。木の素朴でシンプルな色が好き。
と言ってもその中には、木目で様々な色味が入っています。

揃ったモノや色、そんな工業的で統一感に慣れてしまった現代の中に、彩りを。
なんか少し違うな。それこそが味わいだと思います。クリスマスとステンドグラス。
彩り良いのは楽しく感じます。ホンモノの中に、楽しさを出すのがBC工房の得意。
ボードが完成して納品の時を今から楽しみです。制作をジックリとやっていきます。

BC工房 楽