先週、椅子の座面をお店に持って来てくれた、Oさん。
あつぎBC工房のご近所さんです。

20年くらい前、住んでいたイギリスから帰国する時に、
せっかくだからと椅子を作ったそうです。
今回の張替えは、その椅子の座面。

はがし前













椅子に置くだけタイプの座面です。
座った時に、落ちそうになる。と相談を受けました。
触った感じ、座板が割れている。
張り地は気に入っているのでこのまま使いたいということで、
座板と座の中身の交換をしました。

まずは、はがして状況確認をします。
はがし前













やっぱり、座板が割れて、ボロボロになっていました。
はがし前3









古い座板は使えないので、新しく制作します。
今回は真ん中はくりぬかずに作りました。
座ニュー













座板ができたら、中身も交換。
上の黄色いウレタンが古い中身、下の白っぽいウレタンが新しい中身です。
前よりしっかりした座り心地になります。
座中身









張り終わり。
張り後













前よりハリがでました。

椅子にのっけてチェックします。
張り後2













はまり具合もちょうどよく完成。
張り後3


















中身を変えるだけでも、印象がかわりました。
ちょっとの手直しで、また長く使えます。

思い入れのある椅子で座面がボロボロ。。。など、
張替えで悩んでいたら、いつでも相談してください。

あつぎBC工房  hobo