BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

新作

オープンバッフルスピーカー 『杢音』

秋があっという間に過ぎ、
ふじのリビングアートでは、昨日から薪ストーブが始動しました。

そんな、ふじのリビングアートに新しいスピーカーが登場です!

スピーカー
こんなスピーカーがついて、

アンプとプレイヤー
こんなアンプとプレイヤーがセットされ、

そして、、、
オープンバッフルスピーカー
ドドーンと大迫力のオープンバッフルスピーカー!!

とある大学教授の監修の元、完成しました。


このスピーカー、後ろからも音がでているので、
部屋いっぱいに音が響きます。

置き方を変えると、音の響きも変わるので、
壁からの距離を変えて、気に入った音を探すのも、
このスピーカーの楽しいところ。

ウォールナットの一枚板をぜいたくに使った
オープンバッフルスピーカー。

R0000002
音に包まれる。
そんな、至福のときを味わえます。

普段よく聞くCDがあれば持ってきてください。
視聴できます。

このオープンバッフルスピーカー「杢音(もくね)」は
ふじのリビングアートで展示しています。

驚きのスピーカー。
ぜひ体感してください!


オープンバッフルスピーカー
『杢音(もくね)』
サイズ:幅 164僉 奥行 38僉 高さ 80
価格:80万円(税別) プレイヤー・アンプ付き



ふじのリビングアート hobo

西八王子 『 かしわや珈琲 』9月30日オープン!

ここは八王子市千人町・・・

江戸時代の幕臣「千人同心」の屋敷があった
から千人町といいます。
(と、千人町の花屋さんに教わりました)

そんな歴史ある千人町に
新しいコーヒー豆屋さんがOPENします。

◎『かしわや珈琲』さんです!

雨のかしわや珈琲

高尾で生まれ育った店主・長澤さんが
こだわり、その場で焙煎した豆を売っています。

ミニ・ショコラ
晴れの日は
BC工房の新作「ミニ・ショコラ」がお出迎え。
チーク材・鉄・丸っこい座面が
かわいい、看板チェアです。

◎プレオープンに行ってみました

抽出中
実際にお客さんと話しながら
珈琲を淹れ、本オープンに向け準備している
長澤さんに会えました!

マンデリンウマイ
「マンデリン」を試飲。
ウマイ!力強い。

BCクラシック
試飲スペースには
BC工房のクラシックチェアと
カフェテーブル。

天板をちょっとカットしたり
チェアの高さを調節したりと
長澤さんご自身で工房に来て相談され
カスタマイズしました。

僕はリラックスしすぎて
「昔のガールフレンドと珈琲にまつわる話」までして
長澤さんに笑われました。
=それだけ居心地がいいということですね!


◎家での淹れ方、オススメの飲み方をアドバイスしてくれます

お店
僕が正直に
「ヤカンからドリッパーに湯を注いでます」というと

長澤さん「細口のポットで均一に注いだほうがいいですよ。
    まずは今度、お茶用のきゅうすで試してみると
    違いがわかります。そしたら、細口のポットを手に入れればいい」。
とわかりやすくアドバイスしてもらえました。

「この豆には、こんなお菓子が合う」
と、楽しい話もしてくれます。
僕は「ハーゲンダッツに合うもの」と話し
クリーミーなスイーツにオススメという
豆をお土産に買いました。

家でのいい時間のために、相談に乗ってくれる。
試飲しながら、楽しく話せる。
そんなお店だと思いました。



◎本オープンは9月30日(金)から!

オープンセールとして10月2日まで
ブレンド3種が半額だそうです。

お近くの方、甲州街道を通る方
ぜひ行ってみてください。

--------------------------------------------
『 かしわや珈琲 』
東京都八王子市千人町3-3-3
TEL 042-663-6552
営業時間 10:00〜19:00
火曜日定休

--------------------------------------------


ワタル

新作NEWS  『MUKU棚デスク』

◎新作 『MUKU棚デスク』 


◆こんなのどうだろう?  チョッと考え描いたデスク。 作ってみました〜。
8














青山2階一角。 幅2m×奥行1m のチョッとしたスペース。
オモシロ楽しく。 書斎? DEN? 好きなモノに囲まれている。
穴倉のようなイメージ。 狭いスペースを劇的に変えてくれます。

無垢板をふんだんに使ったシンプル棚デスク。
ナラ・ケヤキ・クリのナチュラルな優しい色味。
手でイロイロ触りたくなるカタチ&質感です。



◆使ってみないとワカラナイ。  実際に色々置いてみます。
4












まずは自分が使ってみます。 なかなかイイ感じ。
パソコンじゅうぶん置けるユトリ。 奥の小棚も嬉しい。
デスク奥行50僂らい。ちょうど良いな。嬉しいな。 



◆嬉しい小棚!  デスク下の膝元には、便利な小棚。
2












チョッとした小物。PC関連の小物など。 見せるモノではなく。
仕舞いたい物。 文庫本やCDケースもこのとおり仕舞えます。
 


◆上の棚は見せる収納。 好きなBOOK表紙を見せてみよう。
5












シンプルな作り。  スッキリとキモチよいモノの見え方。 
デスク上の小棚、笠間焼の花器など置いてもイイ感じ!
MuKu棚デスクは大切なモノ。好きな物。美しく収納します。 



◆『MUKU棚デスク』  ワクワク収納しましょう! 
6




















《サイズ》 幅135 奥行50 高さ195(僉法_然複横伊円 

みなさん、いかがでしょう。  
お店にお越し頂き、味わってください。
ご自宅のチョッとしたスペースを活かしましょう。
あなたにピッタリのMUKU棚デスク作りますよ。
 
BCスタッフ 楽

ハマのオモシロ ムクTVボード 

この夏から、無垢板の世界を広げよう!と、
ムクベンチ、ムクベッド、ムクダナ、ムクのまな板「マーちゃん」、ムクの小テーブル「ムクちゃん」、、、
試作開発をつづけています。
「かわいいムク」「スッキリなムク」「ムクを超えたムク」って何だ?
IMG_2497
ムクのテレビボード 
しっかりとしたウォルナットの天板がテレビを受け止める。
できてみて、まだゴツい「ムク」かなあ、と思ってましたが、
40インチのテレビを置いてみたら、悪くないなあと。
これ、テレビボードでもいいんですが、
本棚としても、リビングテーブルとしても、
さらには、ベンチとして座っても「アリ」です。
巾145 奥行45 高さ45 15万円 

IMG_2500
ちょっとかわいいこぶりなロータイプ。
ワタシ、「テレビくん」と呼んでます。
BC工房としては、薄い=3cmの板でつくりました。
このサイズにしては、太い=彫刻の脚がかわいい。
IMG_2501
かろやか、かわいい、でも木のヒトクセあり。
棚の間は20cmあって、ブルーレイプレーヤーなどが入ります。
巾93 奥行46 高さ36 10万円

テレビをのせるだけじゃツマラナイ。
質感があるくらしに、ムクのテレビボード。をどうぞ。

横浜BC工房
KAZU


ハマのオモシロ 無垢ベッド!無垢ベンチ!

IMG_2152
湖の別荘へ、
「無垢ベンチ」、「無垢ベッド」を納品しました。
7月につくった、「無垢セパレートテーブル」
http://bc-kobo.livedoor.biz/archives/52663352.htmlから、
無垢イス、無垢ベンチ、無垢ベッドと広がりました。
IMG_2151
「昼飯つくったから、食いなよ。」
納品ホヤホヤのベンチとテーブルで、Nさん特製ランチをいただきました。
ミネストローネ、スクランブルエッグ、ベーコン、ソーセージ、
ポテト、レタスサラダ、クリームチーズ、ロールパン。
いつも、料理をしてふるまっている人の手際と味。
ぜいたくなよそいきの食材ではないけれど、
自然体の豊かさがある、とても心地いい時間でした。

ちなみに、1カ月前のリビング。ビフォー



Nさんとは、この1カ月間、
毎週、現場・きらきら工房、どこかで会ってました。
IMG_2128
Nさんは、割れた材、穴のあいた材、「ダメな材」を
「コレオモシロいね〜」と言って、えらんでくれます。
そういう「ダメ」のとなりには、スバラシイ木目が同居します。
くやしいですが、ふらりと工房をうろついては、
オモシロイ材を見つけるのは、Nさんの方でした。
IMG_2096
とんでもない材をいっしょに選んで、
僕らは、もう開き直ったように自由につくりました。
だいたいカタチになったころ、Nさんはかならず来てくれます。
現場で、現物を、自分の目で見て、
的確で、それでいて実現可能な、「もうちょっとこうしたいな」をくれました。
「ダメな材」を思い切って料理して、「もうちょっと」を重ねて。
できたものにおどろいたのは、僕らの方でした。


無垢なら、なんでもつくる。つくれる。つくりましょう。
Nさんのおかげで、きらきら工房は、
テーブル専門工房から、無垢ならなんでも工房に進化しました。
IMG_2153
デカイアームテーブル。これぐらい強くていいんだ。

IMG_2166
「ここまできたら、ベッドもやっちゃいなよ。」
と言われて、1週間でつくってしまった、「無垢ベッド」。

なんというか、
かっこいいデザインとか、見た目じゃなく、
このベッドに抱かれて寝て見たい。
そんなキモチにさせるチカラがあると思いました。
家具、というより、パワースポット?

材のチカラに負けない、つくるイキオイ。
それがとても大事だ。
むしろ、無垢材の家具には、そのイキオイこそがイノチじゃないか?
とも思います。

つくろうとするモノのチカラが、
お客さんも、つくる自分たちも、巻きこんでいく。
それぞれが思っている以上に、スゴイモノになる。
みな、満足しあう。

Nさんの
材をいかす、確かな目と、
人をいかす、大きな度量のおかげで、
この夏、僕らは、大事なことを教わりました。

Nさん、本当にありがとうございます。



BC工房
KAZU
これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ