BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

新作椅子

青山BC工房 今週のおすすめセット

10月3週目、青山BC工房のおすすめセットはこれです!

DSC_0290















「腰がラク。ゆったりダイニングセットは九州にも初上陸!」

ゆったりきらきら椅子 アーム付&アームレス 4脚にケヤキたまごテーブルの組合せです。
先週、九州から来ていたお客さんが座ってひと目惚れした椅子がゆったりきらきら椅子。

午前中に来て、他のお店を見て、「やっぱり座り心地はこの椅子がイイ!」と新しく作る事になりました。

ゆったりきらきら椅子 アーム付
サイズ  幅 50 奥行 59 高さ 89 座面高さ 43 (cm)
価格   70,000円(革張り)/65,000円(布張り)

ゆったりきらきら椅子 アームレス
サイズ  幅 50 奥行 59 高さ 89 座面高さ 43 (cm)
価格   65,000円(革張り)/60,000円(布張り)

ケヤキたまごテーブル  
幅142 奥行 ~95 テーブル高さ 65 (cm)
価格 30万円(脚付価格)


DSC_0291








           






ケヤキのたまごテーブルには鉄のカスガイとチークのチギリがアクセント。

DSC_0292








           











ゆったりきらきら椅子の背中には低反発ウレタンと固いチップウレタンを組み合わせています。
腰でささえる座り心地が女性に人気の椅子です。


今週も木曜日から青山BC工房はオープンしています。
気になった方はぜひ、お店で実際に座ってお話しして居心地の良さを感じて下さい。

お待ちしています。

青山BC工房 竹村

「新作!麻朝和椅子」第1号のお客さん物語

お客さんがBC工房を知るきっかけはさまざまですが、
知った時が家具を探しているときとは限りません。

神奈川出身のTさんご夫妻はチラシでBC工房を見たことがあった!?
茨城県に転勤で行っており、インテリアショップガイドという本でBC工房を知った。
普通のソファよりもう少し低い高さの椅子を探していたから
BC工房の和椅子が気になった。
それでお店に来てみたら前に気になっていたチラシの家具屋さんだと判明。

ジックリ座って気に入ったのは
シルバーウィーク限定の麻朝和椅子とけやき小たまごテーブルセット。
DSC_0232














まだ、この2脚以外どこにも出していない新商品です。
座り心地が気に入り、使い方も自分たちにピッタリ。
僕らも新作の椅子を初めて使おうと考えてくれるお客さんに出逢えて嬉しかった。
でもせっかく茨城からきて、1店舗目で決めていいのか?
Tさんは悩んでいました。

「それならこのセットは今日1日は竹田さんのお考え中にします。
気になっている家具屋さんに行ってぜひ座ってきてください。
それでやっぱり良い!と思えたら帰ってきてください。」
「行ってらっしゃい。」と送り出して半日後。
DSC_0241














Tさんは帰ってきてくれました。
他の家具屋さんにも行って、「やっぱりこれが良い!」と思ってもらえた。

帰り際には、たまたまいたデザイナーの上田麻朝に

「かわいい椅子を作ってくださってありがとうございます。
 第1号になっちゃいました。」

うれしい言葉をもらいました。
新しくなった麻朝和椅子の第1号のお客さんはそんなお客さん。

来週から新しく展示できるように椅子をすぐに制作します。
皆さんもぜひ座りに来てください。

お待ちしています。

※シルバーウィーク中おやすみなしでオープンしていたので
明日の青山BC工房はクローズします。
金曜日からは通常オープンです。
 

よろしくお願いします。

青山BC工房 竹村


BC工房 新作展はじまりました

新作デザインポスター2

ふじのリビングアートギャラリーで新作展がはじまりました!
今回の新作は、「リビングアートソファ」。
驚きのソファです。
LAソファ
遠くから見ても、存在感のあるソファ。

LAソファ1
革の真っ赤な色はインテリアとしても映えます。

ボタン
ひとつひとつを手で留めていくボタン留め。
ボタン留めが生み出す立体感は、ソファに表情をつくりだします。

うしろ
うしろ姿もキレイな「リビングアートソファ」。

布
コチラはイタリアの大胆な柄の布地で張っています。
本革タイプとは違ったソフトな座り心地。

リビングアートソファ」のカッチリだけどフワッとした座り心地。
ぜひ、座ってみてください。

リビングアートソファ
幅 197僉 奥行き 90僉 高さ 90僉 座面高 40
価格:革 35万円(展覧会限定価格・税別)
    布 30万円(展覧会限定価格・税別)

BC工房・新作展は9月13日(日)まで開催中。

ふじのリビングアート hobo

BC工房で働いてサイコーに幸せな瞬間です。

先日ブログにも書きましたが、新しいカタログができました。
完成したことが嬉しくて今まで購入して下さったお客さんへ
季節のお便りと一緒に送りました。

そうしたらSさんが今日ブログにアップしてくれて、びっくり。
そのブログを紹介します。

http://hirocsakai.hateblo.jp/entry/bckobo-chairs
↑ぜひ、Sさんのブログをページで見て下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「キモチがやわらかになる?BC工房の椅子たち」

先日、自宅に1通の茶封筒が届いた。
開けると、なかには小冊子と1枚のお手紙が…。

20150426094944











「2015年4月 BC工房ファンの皆様へ」
勝手に、ファンなどと言って申し訳ありません。
 (略)
今年も新しい小冊子を作りましたので、送らせていただきます。
毎年、あがき苦しみ、そして楽しむ商品開発。
今回のテーマは「腰あたりのいい椅子」たちです。

無垢板テーブルと椅子の専門工房「BC工房」さんからのメッセージだった。

BC工房との馴れ初め

いまの家を建てるとき、どうしても欲しかったのがダイニングに置く大テーブル。
いくつかのお店をめぐるうち出逢ったのが、
青山にある「BC工房」という面白いお店だ。


何度か足を運ぶなかで木目がきれいなマホガニーの大板に惚れ、
BC工房にてテーブルを作ってもらうことに決定。
あわせて、椅子2脚を購入したのがお付き合いの始まり。
その後、セールでベンチ1脚と小さめスツール1脚を、
また数年後のセールでちょっと大きめスツール 1脚を購入し、いまに至っている。

20150426095450













(我が家のBC工房テーブル&チェアー、全員集合)


それぞれに味があり、すわり心地、さわり心地がよい椅子たち。
わが家みなのお気に入りである。


お付きあいはかれこれ8年になるものの、ここ最近はお店にもおじゃましておらず、
すっかりご無沙汰していた。
それでも、季節の便りとともにお手紙や小冊子をもらうとニコニコしてしまう。
もはや、しっかりと「ファン」なんだなぁ。


昨日 4月25日から「腰あたりのいい椅子展」が始まったそうだ。
ゴールデンウィーク明けの5月10日までの毎日、
BC工房 4店舗(青山、横浜、まちだ、ふじの)で行われている、とのこと。


一点ずつ手作りなので、値段は決して安くはない。
でも、木のぬくもりが好きな方、作り手との物語の共有に興味のある方には、
きっと気に入ってもらえるはず。


BC工房ファンコミュニティの一員としては、
そんな人が一人でも増えたらいいなと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カタログを送って喜んでくれる人がいる。
僕らとのやりとりを物語と言ってくれるお客さんがいる。
BC工房で働いて10年ですが、
こんな風にBC工房を想ってくれる人がいることが本当に幸せです。

今日はお店にもカタログが届いたとFさんが来てくれました。
Fさんもも最初にリビングに椅子を。
その後リビングテーブル、サイドボードなど、
1年に1回はお会いしてお話をさせて頂いています。
今日は、ダイニングチェアの相談。
「普段は忘れているけどね。カタログが届いてふっと考えたのよ。」
映画帰りに思い立って立ち寄ってくれたFさんと、
一緒に考え2脚のダイニングチェアを選びました。

椅子に座って旅行好きのFさんのお話しを聞く。
家具屋に来て家具と関係ない話を教えてもらう。

5月は聞いた事のないような国に行くそうです。
椅子が完成する頃に日本に戻ってくるそうなので
その話を聞くのがとても楽しみです。


Sさん、Fさん、ありがとうございました。
皆さんも5月10日まで休まずオープンしている各地のBC工房へどうぞどうぞ。

青山BC工房 竹村

春爛漫 ⇒春走男 

『春爛漫』 とは、辞書で調べると、
春の花が咲き、光に満ち満ちた様子。 とあります。

まさに今日のような日をさすのでしょう。
すばらしき春の陽気。 気持ちよいですね。
BC工房スタッフ一同、お店でお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆春走男。⇒春・ラン・マン。  私こう読みます。 失礼しました。
20150408_154840













ブログに上げさせて頂いた、茶六別館さんの近くにあります。 
日本三景の、『天橋立』へ行ってみては。 と教えて頂き、
チョッと行ってみよう。 夜までに岐阜県まで帰る予定でした。

天橋立は歩けば50分。 自転車で20分。という長さです。
では走れば??  それは走力次第。ですね。


◆近くに、このようなポスターがありました。
20150408_153555



















◎午後4時には出発だ。 あと30分しかない。
 私は新人ワタルに言います。 これも仕事だ。
 茶六別館さんに来たからには天橋立を知る。
 タイセツな事だ。

 出前人としてのトレーニングでもある。
 レンタル自転車などという観光モノは使わないぞ。
 行くならダッシュだ。 トレーニングだ。 走るのだ〜。
 出前人は身体が大事。 基礎体力。 フットワーク命。


◎ワタシも走っている。 日頃のトレーニング。 
 休みの日も、走れる時は走る。 体力維持&強化。 
 身体が軽くなる。アタマもサッパリと冴えてきます。

 ワタルよ。 往復6キロ。 走ろうか? どうだ。イケルかい?
 ワタル言います。 「大丈夫です! 日頃走っていますから。」
 こうくると私も嬉しくなります。 遠慮ナシ。 さあ走ろう。行くぞ〜!


◆松並木を抜け。  美しい浜辺が至る所に見えます。 
DSCN7803












真剣に走る。 男二人。 異様です。 観光地に体育部活的な二人。
ワタルなかなか走れるな!  そうだその動き! いいぞ!いいそ!
一緒に走っていて嬉しくなった。 人がやらない事を進んでやる。 
これぞBCスタッフ。 真剣に走る姿。 通行客から声かけて頂く。


◆そんなこんなで。   渡りきった〜!!
20150408_160456_resized


















あっという間に着いた。 二人で走るからこそ。
一人より二人。 チームで走るBC工房。 


◆春走男(はるらんまん)     
20150408_155820_resized


















天橋立・標柱にて。 気持ちよい、ラン。
なんと、20分ちょっとで約6キロを走れた。
攻めの姿勢とは、心身を鍛えることから。
日々ココロとアタマとカラダ。 トレーニング。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆BC工房ショップにて。   
DSCN7846




















春爛漫のすばらしい今日。 
皆さんが来店されるのをお待ちしております。


◆こちらオススメ。  リビングダイニングセットですよ!  
DSCN7843














新作・腰らく椅子。 らくらく工芸椅子と、らくらくきらきら椅子アーム&レス。
極上クラロウォールナットテーブル213×82〜105僉 椅子6脚セット。

春のオススメセット。 ステキな暮らし。素敵なリビング。 
一緒に考えましょう。  ご来店をお待ちしております。


BC工房 楽




これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ