BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

「幸せのマイチェア」

Sさん宅 幸せのリビングダイニング

三島市に来ています。

DSCN2204

七五三でにぎわう三島大社から
ハッピーなパワーをもらい、納品へ!


◎Sさん宅 幸せのリビングダイニング


IMG_9285

テーブルの高さは床から 56cm
椅子の座の高さは 床から 30〜34cm 。
食事も、くつろぐこともできるセットになっています。


・ご主人の「くつろぎ工芸和椅子」

DSCN2212
カタログ「椅子と健康」より( http://www.bc-kobo.co.jp/watashi.html

↓ 今回は 幅を 6cm サイズアップ特注

IMG_9288

「くつろぎ椅子の座り心地に
安楽椅子のゆったり感をプラスしたい」
というご主人。

青山BC工房でじっくり相談され、特注制作しました。
頭まくらをプラスして、さらにくつろぎやすくなっています。

工房内でも、この座り心地には
驚きの声があがりました。

※定番商品のサイズの特注は
定価+【定価の20〜30%】 でできます。
 気軽に相談ください。


・奥さまの「麻朝和椅子」


DSCN2214

タマブチ(背クッションと木部の縁の部分)
の色を奥さまが吟味。
爽やかな緑が効いた仕上りになりました。

まさに自分だけの椅子 = 幸せのマイチェアです!

------------------------------------------------

Sさん、どうもありがとうございました。

相模湖畔の工房ショップ
「ふじのリビングアート」にも行ってみたい!
と奥さまに言っていただきました。

「ふじのリビングアート」
http://www.bc-kobo.co.jp/kb-aman.html

ドライブがてら、ぜひ来てください。

(三島市からだと
東名高速で御殿場まで来て
秋の道志道ドライブをして ※道の駅のお豆腐ソフトクリームがおいしい
「ふじのリビングアート」へ。
ゆっくり楽しんだら工房の近くの温泉に入る
なんてどうでしょう!)


ワタル

敬老の日 贈る椅子

椅子を贈る。
椅子は、プレゼントとして、なかなかムズカシイモノかもしれません。
つかう人への強い思いと、くらし方への理解。
84歳のお父さんへ、息子さんから贈る椅子をつくりました。
IMG_1062
Yさんは、寝てらっしゃることも多く、日々のくらしには介護が必要です。
手すりを伝ってきて、横から椅子にすべりこむ。
座るときは、ひじかけはないほうがいい。
食事やテレビを見るときに椅子に座る。
座ったあとは、横に倒れないように、ひじかけがほしい。
簡単に取り外しのできるひじかけ。
姿勢を保って、座り心地のいい椅子。
それが、Yさんのお父さんに贈る椅子の希望でした。
IMG_1081
お家にうかがって座ってもらうと、
細身で背中にクッションのある「こぶりきらきら椅子」が座り心地がぴったりでした。
そして、今すぐにでも使ってもらいたい。という使命感を感じました。
ひじかけをどうするか。悩みながらつくりました。
IMG_1086
ついていたひじかけを取って、杖のようなひじかけを差し込むことにしました。
IMG_1110
介護の方が、ひじかけを抜いて、
お父さんが横から座ったら、ひじ掛けをもどします。
IMG_1111
「お父さん、よかったね。」とやさしく話しかけるYさん。
できた椅子に座って、お父さんはしばらくそのままにいました。
「何も言わないってことは、かなり気に入ってるってことです。」
Yさんが、今のお父さんのことをわかるようになるまで、
いろんなことがあったんだろうと思います。

敬老の日。
みなさんは、感謝の気持ちをどう伝えますか。

BC工房
KAZU

シルバーウィーク限定特別セット!!

今日からシルバーウィークが始まりました。
いつもは月曜日から水曜日お休みしているBC工房のショップも
このシルバーウィーク中は休まずオープンしています。

9月はシニアのマイチェア割りという企画をやっていますが、
このシルバーウィークに合わせて限定のセットを用意しました。

DSC_0232














≪新・麻朝和椅子 2脚 + 小たまごテーブルセット≫
座り心地を考えて背中を人気の出て来た張りタイプに変更しました。
100年前のボタン張りの技術も使っています。
食事もくつろぎもこのセットでやりたい!
そんな元気なシニアにピッタリのセットです。

限定セット価格 25万円

DSC_0233














≪えんがわきらきら椅子 2脚 + 小たまごテーブルセット≫
お宿で人気のえんがわきらきら椅子でセットしました。
リビングに、書斎に、和室に、ちょっとあると嬉しいセット。
時間の使い方の上手いシニアにピッタリのセットです。

限定セット価格 16万円

DSC_0234














≪うたげゆうゆう椅子 2脚 + 小たまごテーブルセット≫
1番ご飯の食べやすいセット
長く暮らせばモノは増えるもの。
畳1畳のスペースでご飯を食べてくつろげたら幸せですね。
そんな人にオススメのダイニングセットです。
テーブルと椅子に使っている渋めの赤が綺麗です。

限定セット価格 10万円


今日は青山BC工房の商品をだしましたが、
各ショップで限定セットは展示しています。
実物に座りに是非来て下さい。
お待ちしています。

BC工房 竹村

ヤリトリハート37  『5年前のチラシ』

BC工房5年前のチラシを持って来られた、Mさん。
以前のチラシを綺麗に保管頂き、とても嬉しいです。


◆BC工房は毎年テーマを持ち、モノづくりしています。
DSCN8870












『幸せは、毎日の、くらしの中にある。』

今でも変わらず、ココロに入ってくる言葉です。
毎日の暮らしの中に ホッとする居心地の良さ。
BC工房の家具で。 それを感じていただきたい。


ご家族3人。 息子さん五才。 そろそろ椅子ほしいな。
DSCN8860












ご主人の椅子、奥さんの椅子、息子さんの椅子。
それぞれ違うのにする?  同じのがイイかなあ。


左、奥さんマイチェア。  右、ご主人&息子さんチェア。
DSCN8862












男性と女性。 体格の違い。そして座り方も違う。
家族みなさんの椅子同じである必要は??


◎奥さんには背中あたりが優しい、『こぶり爽やか椅子』。
 男性陣には背もたれがユニークな、『こぶりカフェ椅子』。

 「背もたれが肩甲骨を刺激する。気持ち良い。」、とご主人。
 そして、息子さんもシッカリと座られる。 凛々しい姿です。

 ご家族それぞれが、ピッタリの椅子を選ばれました。


お絵かき上手ですね〜! 息子さんの絵。
DSCN8864
















椅子の特徴をシッカリと、とらえています!
こぶりカフェ椅子は、このように笠木がポイント。
ハンガーのようなカタチ。 「ボクのイスだ〜!」


モクモクと、お絵かき。 二作を見せてくれました。
DSCN8865












お気に入りソファの横姿まで描かれていました。
脚がなんとも。動き出しそうな。可愛い絵ですね。

ちびっ子が大好きな、イスのまちのコッシー。 ではなくて、
『イスのおみせのビーシー』 覚えてくれたかなあ?(笑)

BCスタッフ ガク

ハマのオモシロ魁。坑安紊痢屮螢咼鵐亜Ε◆璽函

IMG_0513
近頃、90代のお客さんが増えてきた。

ちよこさんは、
よこはまBC工房のセールチラシを見て、
セール前日に電話をくれました。

「この『のびのび』っていうのがいいと思うんだけれど。
 最近腰が痛くて、そちらまで行かれないんだけど、買えるかしら。」

聞けば、90歳。
一日座っていられるような椅子がほしい。
足を上げて座りたい。
足を下げているとうっ血してくる。
今は座椅子に座っているけど、つらい。
ソファもあるけど、座ってない。

これは、すぐ、売っちゃいけない。と思いました。
「セールが終わったら、おススメの椅子を持って、うかがいます。
お家で試して、納得してから買ってください。」

金沢八景。
海をのぞむ築45年のマンション。
ご老人が多そうだけど、こどももいるファミリーも見られる。
管理も、修繕もちゃんとしているのがわかる。
もともと、良質なマンションで売り出されたんでしょう。

ちよこさんは、90歳と思えない若々しさでした。
耳も口も、動きもしっかりしていました。

そして、何より驚いたのが、
家のすみずみまで、ちよこさんのキモチと手が入っていることでした。
ご老人にありがちな、
1mmも動かさないモノに囲まれている。という気配などゼロ。
IMG_0520
白い、モダンなダイニングセット、
新しい冷蔵庫、食洗機、照明、
テーブルの上の花、ティッシュケース、器、
キッチンのおたまやトングまで、ホコリひとつない。
IMG_0519
白い革のソファ、爽やかなクッション、
テーブルの上の携帯、延長コードにいたっても、
ピンクのしゃれたモノでした。
介護対応のリクライニングベッドにも、かわいい若々しい花柄のリネン。
部屋の仕切りには、骨董のよしずがはいった建具。

ていねいに、楽しんで暮らしてらっしゃる。

新築で買って、
東京から越してきた。
周りに何にもなくても、
ただ海と風がキモチよくて。
45年、長く仕事を続けながら、
少しずつ、リフォームしながら住んできたそうです。

ダイニングセット、ソファなど、ずっと大塚家具で買ってきたそう。
「あそこは、いいモノがあるでしょ。見ると、わあって、欲しくなっちゃってね。
 今、いろいろ騒がれてるけど、いいモノはあるのよ。もったいないわね。」

IMG_0518
3つの椅子を準備していきました。

.船薀靴埜たご希望の「のびのび椅子」。
足をのばしたい。という希望。
  重さ、立ち座り、姿勢保持を考えて、こぶり「えんがわ椅子」+足のせ。
たたみ椅子+クッション。足は床に伸ばす感じではどうだろうか。
3段階の高さを試してほしかった。 

座り比べて、
ちよこさんが最初にチラシでピンときた、
「うたげきらきら椅子のびのび」に。
頭まくらを追加。

その時はよくても、納めてからご希望がでるのが、シニアのマイチェア。
何があっても対応しようとハラをくくります。


ウィッグ、爽やかなブルーのニット、
オープンハートのネックレス、水玉のソックス。
ちよこさんの着こなし、
今日が特別ではなく、いつもちゃんとしているのがわかった。

大塚家具でも、BC工房でも、いいモノを選べる人。
ちよこさんのように、
自分のセンスを持って、自分の欲しいモノをわかっている人。
今までのモノも大事にしながら、新しいモノを取り入れられる人。
捨てられる人。

「でも、こんな椅子はなかったわ。日本人の椅子ね。
 こうやって、持ってきてもらって、本当に助かったし、
 いい椅子を買えて、うれしいわ。ありがとう。」

大塚家具が、お客さんへの現場サービスに本気になれば、
今までの良質な顧客のつなぎとめ、
新しい顧客の広がりを生めるでしょう。
でも、おそらく、しないでしょう。
一人のお客さんのくらしの中に踏み込んで、
個別対応のリスクを負うことができるのは、
製造・販売・物流ぜんぶ責任を負う気があればこそ。
小さなBC工房の強みを再確認できました。
日本人の椅子、プロダクト・クラフト、ひとりのためのモノづくり、
つくる人の出前販売、安心納品。

小さな家具業界で、勝った負けた言ってる場合じゃない。
日本の家具屋に求められてるのは、
今のくらしに、キモチに合う、モノづくりとサービス。
家具屋は
遅れてるんだ。
オモシロくないんだ。
やさしくないんだ。の自覚・変化。

自分には何ができるか?
もっとわかりやすい、言葉、絵、モノで、
仲間へお客さんへプレゼンすること。
工房で、思いを、狂気を込めたモノをつくること。
もっと大きく、長い視点で提案できるように、歴史を勉強すること。
家づくり・空間つくりの体験・感激を積むこと。
季節の素材でおいしいモノを楽しむこと。。。。

ちよこさん、ゆっくり座っていただけてますか。
「リビング・アート」=日々、くらしを大切に、楽しむこと。
お手本を見せていただきました。
ちよこさんに追い付くには、あと50年かかる?
50年ある。と思って、オレも楽しんでくらしますね。

KAZU




これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ