BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

BC工房のリノベーション

新作NEWS  『MUKU棚デスク』

◎新作 『MUKU棚デスク』 


◆こんなのどうだろう?  チョッと考え描いたデスク。 作ってみました〜。
8














青山2階一角。 幅2m×奥行1m のチョッとしたスペース。
オモシロ楽しく。 書斎? DEN? 好きなモノに囲まれている。
穴倉のようなイメージ。 狭いスペースを劇的に変えてくれます。

無垢板をふんだんに使ったシンプル棚デスク。
ナラ・ケヤキ・クリのナチュラルな優しい色味。
手でイロイロ触りたくなるカタチ&質感です。



◆使ってみないとワカラナイ。  実際に色々置いてみます。
4












まずは自分が使ってみます。 なかなかイイ感じ。
パソコンじゅうぶん置けるユトリ。 奥の小棚も嬉しい。
デスク奥行50僂らい。ちょうど良いな。嬉しいな。 



◆嬉しい小棚!  デスク下の膝元には、便利な小棚。
2












チョッとした小物。PC関連の小物など。 見せるモノではなく。
仕舞いたい物。 文庫本やCDケースもこのとおり仕舞えます。
 


◆上の棚は見せる収納。 好きなBOOK表紙を見せてみよう。
5












シンプルな作り。  スッキリとキモチよいモノの見え方。 
デスク上の小棚、笠間焼の花器など置いてもイイ感じ!
MuKu棚デスクは大切なモノ。好きな物。美しく収納します。 



◆『MUKU棚デスク』  ワクワク収納しましょう! 
6




















《サイズ》 幅135 奥行50 高さ195(僉法_然複横伊円 

みなさん、いかがでしょう。  
お店にお越し頂き、味わってください。
ご自宅のチョッとしたスペースを活かしましょう。
あなたにピッタリのMUKU棚デスク作りますよ。
 
BCスタッフ 楽

ヤリトリハート35  『座面リバイバル〜!』


BC工房の家具をご愛用頂いている、
Sさんの素敵なブログを発見しました〜。

皆さんへ。 ↓コチラです。どうぞ。
http://hirocsakai.hateblo.jp/entry/sitting-surface-rivival


◆Sさんブログから。 一部抜粋。

3














写真手前右にある「かろやかスツール」の座面の毛が抜けてきたので、
修理をお願いしに青山BC工房へ行ってきた。

先日ブログで紹介してくださった竹村さんは不在だったけど、
「スツールの張り替えをお願いにきました」と告げたところ、
とても丁寧に対応してもらえた。(話を共有してもらっていたみたい)


座面サンプルをみながらあれこれと相談した結果、
いまある革張り部分を最大限に生かしつつ、
新たに布地を組み合わせる形で修繕していただくことに…。


対応してくださった楽(がく)さんの手書き修理設計書がこちら(↓)。
2



















イラストをふんだんに使ってとても分かりやすく解説してもらった。
「修理」ではなく「座面リバイバル」と書いてあったのが印象的!!


できあがりは約1ヶ月後、とのこと。今から楽しみ。
(費用もずいぶんサービスしていただき、感謝です!)


リバイバル、よろしくお願いします!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Sさんへ

ブログに取上げて頂き、ありがとうございます!
ワタシもイロイロ発見がありました。

Sさんと話しながら。考えながら。 このヤリトリは、
修理、修繕、というカタチではないなあ。 と感じました。

もっとクリエイティブなカタチだ。
『良い部分は活かす。』 その方がオモシロイ!
『ただ直す。』 ではなくチョッと新しいスタイルへ。

楽しさとオモシロさ。 愛着いっぱいのスツール。
お二人楽しく選んだツートン張り地。 茶革は活かし、
ストライプ柄の布が新しさを生み出してくれるでしょう。


このヤリトリで、私のアタマに浮かんだコトバ。
それが、『リバイバル』 だったのです。 

リバイバルを辞書で調べると、
生き返り、復興、復活、再生。
よみがえる。力づよいコトバですね。

リバイバル座面。 ただ直す、ではない。
新しく楽しく、生まれ変わるのです!
Sさん、楽しみに待っていてください〜。

BC工房 楽

赤木屋ホールディングスのつなぐ家具

以前のブログでも取り上げた赤木屋珈琲さん

http://bc-kobo.livedoor.biz/archives/52540425.html
http://bc-kobo.livedoor.biz/archives/52519700.html


もともとは、再開発で決まった本社ビルの取り壊しにあわせて
3年の期間限定で、お世話になった日本橋にみんなが集まるカフェをオープンする。
そんなお話を赤木屋ホールディングスさんから頂き、家具を使ってもらい、
あっという間にもう3年。
DSCN6911
DSCN6909


















日本橋にあって1杯290円の珈琲はあり得ないほどの感謝価格。
お客さんが来ないわけがなく、
いつも大人気でお客さんいっぱいの赤木屋珈琲さんでしたが、
着々と進んでいく再開発の中で惜しまれつつ去年の10月に閉店されました。


その後、

せっかく無垢の家具を使っているのでそれを新しいオフィスで使えないか?

そんな相談をうけ、去年の11月から準備を進めて来ました。
1階のウォールナットのカウンター、2階のロ型のBIGテーブル、
地下のBIGカウンター、トチの無垢の木テーブル、
3年前に納品してから、たくさんの人に愛された家具たちを
生まれ変わらせるプロジェクト。
BC工房全員でアイデアを出し合いこれからもずっと使えるオフィス家具へリノベーションしました。


お客さんの注文を受けていたカウンターはスタッフの休憩室へ。
GEDC0965















2階のたくさんの人が集まったロ型の彩りテーブルは応接室へ
GEDC0967















カットしてソファのサイドテーブルやリビングテーブルになるウォールナットもいました。
GEDC0979















磨き直し、デザインをイチからやり直し、デスクになった天板たち。
IMG_6536
GEDC0977






























座面を張りなおした椅子たちも新しい場所で新しい役目があります。
IMG_6507
IMG_6532


























今回のプロジェクトは、常務の上田さんと何度も打ち合わせをし、
プランをつくってきました。
何度も打ち合わせをするうちに、
仕事と関係ないようなこともたくさん話しました。
いろんな話し、その人を感じて家具を作る。
「これは企画・販売・製造・すべてをやっているBC工房だからこそできる仕事だ!」
などどうれしく思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤木屋ホールディングスさんには、
長年大切に使い続けているモノがたくさんありました。
創業者の方の大切にしていた「大きなのっぽの古時計」や、
ずっと使い続けている飾り棚など
一つ一つの思い出を教えてもらいながら
その中にBC工房の家具が仲間入りできたことに感動しました。

こんなに無垢の素材を生かしたオフィスは絶対他にはありません。
とても革新的なオフィスだと思います。
でも、懐かしい気持ちにもなる落ち着く感覚があります。

それはきっと赤木社長や上田さんをはじめ、
すべてのスタッフの皆さんの
モノを大切にするあたたかい人間性なのでしょう。

今回のプロジェクトに参加できたことは自分の中で
財産として一生残るものになりました。

赤木屋ホールディングスの皆さん、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BC工房 竹村


ヤリトリハート32  『茶六別館さんの極上ロビー』

◎茶六別館さんへ

先日は温かく迎えて頂き、ありがとうございます。
BC工房家具を無事お届けする事が出来ました。
こうして繋がり、とても嬉しいです。

DSCN7725










家具で変わる。 空間をより良くする。
コレカラも、お手伝いさせて下さい。 
本当にありがとうございました。 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆茶六別館さんには、
 昨年暮れに訪問させて頂きました。
 
 BC家具を実際に置いてみてどうか。
 『椅子の出前』。 現物提案させて頂きました。


◆創業290年の歴史。つい見入ってしまう、
 和風建築の深さ。 広縁から見える庭園の美しさ。 
 それぞれのお部屋の造り。12室見るとオモシロイ。

 丹後・京都宮津の豊かな食材、海の幸。 
 ユッタリと温泉に浸かり、堪能させて頂きました。


◆春になりました。   ようやくこの時を迎えました。
DSCN7776










近くの道脇に桜が咲いていました。
東京よりも少し遅いくらいでしょうか。



◆東京から約10時間。  休憩&お昼食べ、午後5時に着きました。
DSCN7777














昨年末に来た時より近い。 と感じます。 不思議ですね。



◆ロビーへ。     今回のお届け家具は、このロビー用です。
DSCN7641














ここに新しさ。 ロビーに変化。 BC家具によるロビー改装。



◆ロビー奥の様子。      揃いのソファでこのような配置。  
DSCN7644














チェックイン&アウト。 人が集まる場。 もっと良くしたい。
茶六別館の皆さんと一緒に考える。 私たちBC工房。
ヤリトリの中で見えたロビープラン。 

◎今日が、お届けです! さあ〜入替え〜。



◆空っぽにします。       ロビーには何もありません。
DSCN7666














今日はロビー家具の入替え。 大きな行事。 茶六別館さんの皆さんと、
BCスタッフ楽&ワタル。 皆さんと共に進めていきます。 



◆ロビー完成〜!   安楽きらきら長椅子・茶六別館さん特別仕様。  
6














存在感と極上感。 茶六別館さんにふさわしい優雅な極上ロビー。
素晴らしい和建築、料理、ふさわしいロビーになりました。


◆ロビー奥。  赤革&布。座面クッションの配色、鮮やか艶やか。
7














椅子の張り地は、皆さんイロイロ意見が割れますね。
そういう中から、絶妙&斬新な組合せが生まれます。


◆黒と赤の対比。  ロビー手前と奥で斬新な配色。 効いてます!
DSCN7700














このテーブルたちも。 優しいカタチ。面白い形。 天橋立のように。
細く。長く。 つながる。 ハシダテテーブルです。


◆家具でココまで変わる!  見る方向で見え方変わる。家具の奥深さ。
5














◆皆さん、気になる方は茶六別館さんHPをどうぞ。
 そしてぜひ、京都宮津の豊かな海の幸を堪能。 
 GWは、茶六別館さんに泊まり天橋立へ行こう。

◆天橋立 宮津温泉 茶六別館さん
  HP⇒ http://www.charoku.com/

BCスタッフ 楽

後付け無垢の木カウンター!!

亀戸で38年続く会員制BARのカウンターをリニューアルしました!!

カウンター1

















もともとのカウンターも長く使われて良い味わいがありますが。。。
オーナーさんたちがきらきら工房に来てくれたのが9月末。
現状のカウンターを活かしつつ、どうやったら迫力あるカウンターがつくれるか!?
現場で寸法を調べ、一緒にイメージを考えてついに納品しました!!!



カット

















一定の寸法ではない、サクラの無垢材を使ったカウンター。
既存のカウンターをアレンジしていきます。
今あるカウンターの上から取り付けてしまう方法を選びました。


カウンター3











無事、取付け完了しました!!オーナーも笑顔!!!
GEDC0527

















今朝オーナーから、昨夜のオープン時には評判も上々。
お店に来たお客さん、みなさん喜んでくれているというコト。
うれしいです。

お店のカウンターをどうしたら良く出来るか悩んでいる皆さん、
ぜひ相談して下さい。
どうぞ、どうぞ。

BC工房 竹村
これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ