BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

オーダーボード

こだわりのテレビボード 

先日、Tさん宅へ、特注テレビボードを納品させて頂きました。
今年初めに青山BC工房に来られて、店内いろいろ見てもらいながら、
Tさんのテレビボードへのコダワリや要望、沢山お話ししました。

そんなヤリトリからカタチへ    こうして出来た手描き図面    
DSCN2686












A3プリンターを収納したい。プリンターを手入れ出来るように稼働式の台にしてほしい。
そして全体サイズはなるべくコンパクトに。幅と高さと奥行きが先に決まっています。
その為にはA3プリンターを現物をシッカリと調べる。家電量販店へ見に行きます。



そして納品です!   こちらリビングコーナー。テレビボードの設置場所ですね。
DSCN2675












設置場所は、Tさんのお話の通りのコーナー。両脇は窓や入口があります。
収まりが大切な理由がよく分かります。



丁寧に運び込みました    マホガニー無垢天板&マホガニー無垢構造材の重厚感。
DSCN2685












背板には、電源ケーブルなどの配線口や、コンセント開口の施しがあります。
テレビボードには沢山の電化製品が入りますね。Tさんと確認ヤリトリし、位置決めしました。
扉&引き出し外した、フルオープンの状態。ここから徐々に組み上がりますよ。



プリンター収納チェック   こちらは今までのA4プリンターです。小さいですね。
DSCN2693












A3プリンターは、このトレーに目一杯のサイズ。どれだけ大きいか分かって頂けるでしょう。
納品後にプリンター買い換えるそうです。A3プリンターは全てが大きい。そして重い。
重量がかなりあるので、稼働式にする場合そこがポイント。電気屋さんもそう言ってました。



前から見た様子    このようにトレーをスライドレールによって引っ張り出せます。
DSCN2695












A4プリンターだとスペースを持て余しますが、買い換え後はちょうど良い収まりになります。
私の腕の方、手前に見える丸いドーム状の、彫刻の入ったモノは何だと思いますか?



これは支え台   Tさんへ。ささやかなプレゼント。面白く可愛らしく。優しい支え台。
DSCN2688












A3プリンターを最大限、手前に引っ張り出して、お手入れなどする時の、支え台です。
誤って負荷を掛けてしまわないように。その際、この支え台がトレーとレールを守ってくれます。



こちらもコダワリ   プリンターが入っているのが分からないくらいにしたい。
DSCN2707












シンプルな木の良さ。でもベタッとしたデザインではなく、透けてる感じも欲しいかな。
中が見えない程度に。そこで選ばれたのがコチラの格子+ガラス入り。綺麗ですね。



向かって左側    デッキ&チューナーなどをシッカリとコンパクトに収納。
DSCN2703












引き戸仕様にしています。こういった薄い機材の収納に適しています。
真ん中仕切板ナシ。そうすると、引き戸内側の収納スペースはとってもフレキシブル。




戸閉めた様子   いかがでしょう。シンプルな印象。電源オンオフ識別がつく位の見え方。
DSCN2702












もちろんリモコン反応もします。格子+透明ガラスはとても良いですよ!



そして全景    引き戸下には、さざ波彫刻入り引き出しが2個。万能です。
DSCN2711










 
             
お部屋にとても似合っています。マホガニー無垢材をふんだんに使った存在感。
シンプルで使いやすく、実用的で、愛着を持ってお使い頂けると思います。
Tさん、これからもどうぞよろしくお願いします。

皆さん、私だけのコダワリボード、マイチェア、無垢板テーブルを探しに、
どうぞ。どうぞ。

青山BC工房 GAKU

BC工房の壁面ボード!

ボード原寸スケッチ
いま、新築マンションの「壁面いっぱいボード」の相談を受けています。
来週の現場打合せのために、原寸スケッチを描いています!
幅が4m、高さが2m10cm。この絵の4倍のボードです。

図面やスケッチだけではなかなか実感できません。
現場に張って見てみましょう!ということで描いています。

春夏秋冬をイメージした、4色のステンドグラスが楽しくなりそうですね〜。
ステンドグラス

ボードは、その家らしい「くらしのうつわ」。
「収納」するだけでなく、その家らしいモノを飾るステージになります。

味わいのでる世界に一つの無垢ボード。
ちいさなコレクションボードから大きな壁面収納まで、
なんでも相談してください。
いっしょに考え、つくります!


青山BC工房の3人

楽・斎藤・阿部 
これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ