BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

椅子

アームチェア張り替え

椅子張り替え一万円から〜


アームチェア before

before アームチェア 1P BC工房 張り替え椅子


アームチェア after

after アームチェア 1P BC工房 張り替え椅子


お問い合わせ方法:

エンリコ名刺



ふじのリビングアート エンリコ

BCコレクション展はじまりました

ふじのリビングアートギャラリー
『 BCコレクション展 』 がはじまりました!

BCcollection




















最後の晩餐テーブルの迫力、健康と椅子をテーマに作った新作椅子などなど。

来て、見て、座って、触れてみてください!
LAg














7月23日(土)〜9月25日(日)まで開催しています。
ふじのにきたら、どうぞどうぞ。
座って、触って、楽しんでください!


ふじのリビングアート hobo

ふじのバザール残り3日間

今日もよく晴れているふじのです。

RIMG0039


ピノキオが目印の、ふじのリビングアート
ありがとうバザール開催中です。
残り3日間、ぜひ遊びに来てください!

RIMG0040
RIMG0041




















ごはんが美味しくなる、「一日一膳」のおはしもあります。
RIMG0042

笠間焼もあります。
RIMG0043
RIMG0044

オリジナルがま口もあります。
ちょっとずつ種類を増やしていきます。
RIMG0045


生活が楽しくなる椅子、テーブル、小物たち。

ひとめぼれを見つけにきてください。

ふじのリビングアート&アマンBC工房 
hobo

ハマのオモシロ魁。坑安紊痢屮螢咼鵐亜Ε◆璽函

IMG_0513
近頃、90代のお客さんが増えてきた。

ちよこさんは、
よこはまBC工房のセールチラシを見て、
セール前日に電話をくれました。

「この『のびのび』っていうのがいいと思うんだけれど。
 最近腰が痛くて、そちらまで行かれないんだけど、買えるかしら。」

聞けば、90歳。
一日座っていられるような椅子がほしい。
足を上げて座りたい。
足を下げているとうっ血してくる。
今は座椅子に座っているけど、つらい。
ソファもあるけど、座ってない。

これは、すぐ、売っちゃいけない。と思いました。
「セールが終わったら、おススメの椅子を持って、うかがいます。
お家で試して、納得してから買ってください。」

金沢八景。
海をのぞむ築45年のマンション。
ご老人が多そうだけど、こどももいるファミリーも見られる。
管理も、修繕もちゃんとしているのがわかる。
もともと、良質なマンションで売り出されたんでしょう。

ちよこさんは、90歳と思えない若々しさでした。
耳も口も、動きもしっかりしていました。

そして、何より驚いたのが、
家のすみずみまで、ちよこさんのキモチと手が入っていることでした。
ご老人にありがちな、
1mmも動かさないモノに囲まれている。という気配などゼロ。
IMG_0520
白い、モダンなダイニングセット、
新しい冷蔵庫、食洗機、照明、
テーブルの上の花、ティッシュケース、器、
キッチンのおたまやトングまで、ホコリひとつない。
IMG_0519
白い革のソファ、爽やかなクッション、
テーブルの上の携帯、延長コードにいたっても、
ピンクのしゃれたモノでした。
介護対応のリクライニングベッドにも、かわいい若々しい花柄のリネン。
部屋の仕切りには、骨董のよしずがはいった建具。

ていねいに、楽しんで暮らしてらっしゃる。

新築で買って、
東京から越してきた。
周りに何にもなくても、
ただ海と風がキモチよくて。
45年、長く仕事を続けながら、
少しずつ、リフォームしながら住んできたそうです。

ダイニングセット、ソファなど、ずっと大塚家具で買ってきたそう。
「あそこは、いいモノがあるでしょ。見ると、わあって、欲しくなっちゃってね。
 今、いろいろ騒がれてるけど、いいモノはあるのよ。もったいないわね。」

IMG_0518
3つの椅子を準備していきました。

.船薀靴埜たご希望の「のびのび椅子」。
足をのばしたい。という希望。
  重さ、立ち座り、姿勢保持を考えて、こぶり「えんがわ椅子」+足のせ。
たたみ椅子+クッション。足は床に伸ばす感じではどうだろうか。
3段階の高さを試してほしかった。 

座り比べて、
ちよこさんが最初にチラシでピンときた、
「うたげきらきら椅子のびのび」に。
頭まくらを追加。

その時はよくても、納めてからご希望がでるのが、シニアのマイチェア。
何があっても対応しようとハラをくくります。


ウィッグ、爽やかなブルーのニット、
オープンハートのネックレス、水玉のソックス。
ちよこさんの着こなし、
今日が特別ではなく、いつもちゃんとしているのがわかった。

大塚家具でも、BC工房でも、いいモノを選べる人。
ちよこさんのように、
自分のセンスを持って、自分の欲しいモノをわかっている人。
今までのモノも大事にしながら、新しいモノを取り入れられる人。
捨てられる人。

「でも、こんな椅子はなかったわ。日本人の椅子ね。
 こうやって、持ってきてもらって、本当に助かったし、
 いい椅子を買えて、うれしいわ。ありがとう。」

大塚家具が、お客さんへの現場サービスに本気になれば、
今までの良質な顧客のつなぎとめ、
新しい顧客の広がりを生めるでしょう。
でも、おそらく、しないでしょう。
一人のお客さんのくらしの中に踏み込んで、
個別対応のリスクを負うことができるのは、
製造・販売・物流ぜんぶ責任を負う気があればこそ。
小さなBC工房の強みを再確認できました。
日本人の椅子、プロダクト・クラフト、ひとりのためのモノづくり、
つくる人の出前販売、安心納品。

小さな家具業界で、勝った負けた言ってる場合じゃない。
日本の家具屋に求められてるのは、
今のくらしに、キモチに合う、モノづくりとサービス。
家具屋は
遅れてるんだ。
オモシロくないんだ。
やさしくないんだ。の自覚・変化。

自分には何ができるか?
もっとわかりやすい、言葉、絵、モノで、
仲間へお客さんへプレゼンすること。
工房で、思いを、狂気を込めたモノをつくること。
もっと大きく、長い視点で提案できるように、歴史を勉強すること。
家づくり・空間つくりの体験・感激を積むこと。
季節の素材でおいしいモノを楽しむこと。。。。

ちよこさん、ゆっくり座っていただけてますか。
「リビング・アート」=日々、くらしを大切に、楽しむこと。
お手本を見せていただきました。
ちよこさんに追い付くには、あと50年かかる?
50年ある。と思って、オレも楽しんでくらしますね。

KAZU




よみがえる椅子

先週、椅子の座面をお店に持って来てくれた、Oさん。
あつぎBC工房のご近所さんです。

20年くらい前、住んでいたイギリスから帰国する時に、
せっかくだからと椅子を作ったそうです。
今回の張替えは、その椅子の座面。

はがし前













椅子に置くだけタイプの座面です。
座った時に、落ちそうになる。と相談を受けました。
触った感じ、座板が割れている。
張り地は気に入っているのでこのまま使いたいということで、
座板と座の中身の交換をしました。

まずは、はがして状況確認をします。
はがし前













やっぱり、座板が割れて、ボロボロになっていました。
はがし前3









古い座板は使えないので、新しく制作します。
今回は真ん中はくりぬかずに作りました。
座ニュー













座板ができたら、中身も交換。
上の黄色いウレタンが古い中身、下の白っぽいウレタンが新しい中身です。
前よりしっかりした座り心地になります。
座中身









張り終わり。
張り後













前よりハリがでました。

椅子にのっけてチェックします。
張り後2













はまり具合もちょうどよく完成。
張り後3


















中身を変えるだけでも、印象がかわりました。
ちょっとの手直しで、また長く使えます。

思い入れのある椅子で座面がボロボロ。。。など、
張替えで悩んでいたら、いつでも相談してください。

あつぎBC工房  hobo


これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ