BC工房 ARE-KORE

BC工房スタッフがつづる工房通信。

無垢板テーブル

まちだBC工房より。 『どうぞ。 どうぞ。』

こんにちは。 まちだBC工房です。 
いつもは川上ですが、今日は私ガク がおります。
どうぞお越しください。 BC家具をご案内します。

ワタシにとっても、久しぶりのまちだBC。
お客さんのキモチを味わえます。 ドキドキワクワク。



外観ウロウロと。  周囲を見渡したくなる性分。
1






















大きな大きな。  BC工房からのメッセージ。  『うれしい時間』
2














BC工房は、家具を考え、作り、お客さんにお届けし、
喜んでもらう。  その先にあるモノとは? 形ではない。

うれしい時間。 たのしい時間。 ホッとする時間を生み出す。
モノづくりでそこを目指している。 改めて感じるメッセージ。



正面から。   『まちだBC工房』    忠生公園入口交差点に在ります。
2-1














さあ。 店内をお見せしましょうか。
まちだBCには、やさしいダイニングセット。
おススメセットがたくさんあります。 どうぞ。どうぞ。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


空中撮影〜       ‐紊ら撮るとオモシロイ!!! 
空1
















空中撮影〜◆  .丱薀┘謄ゆたかな椅子&テーブル&ボードたち。
空2
















空中撮影〜   テーブル形、色味、質感、イロイロ。 同じモノはない。
空3
















まちだの皆さんへ。    おススメ。 ケヤキたまご4人ダイニングセット。
3














◆こぶり爽やか椅子×4脚・・・・・・・・208,000円
 (まちだ限定モデル)
◆ケヤキたまごテーブル・・・・・・・・・・320,000円
 (w145 d80-90 th66cm)
                    合計528,000円 ⇒特別価格45万円



うれしい時間を生み出すダイニングセット。
うれしいセット価格。 どうぞ。どうぞ。
まちだBC工房へお越しください。

まちだBC工房 ガク


青山BC工房 2月26日お休みします


青山BC工房は、2月26日(木)臨時のお休みになりました。 
皆さん、お間違いないよう、よろしくお願いします。

27日(金)から通常とおりオープンしております。
次週は、金・土・日に、どうぞご来店お待ちしております。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

◆今日の素敵なヤリトリ。  
3












リピーターのSさんが雨の中ご来店。 スタッフの竹村と打合せ。



あれっ? ノートPCが見えますね? もしかして。
no title












これはSさんのかな? そこに写っているのは??



Sさん自ら描いてきたリビングボードプランです!!!
1












そうなんです! Sさんはエクセルの使い手なのです。
エクセルで自在に描く。 リタイアされたそうですがこの凄ワザ。



手描き資料イロイロ。  竹村は手描きのスケッチで。 
2












私たちBCスタッフは、ヘタウマ?パースを描きます。
描きながら、やりながら、柔軟に変化していくヤリトリです。



プレミアムセットで打合せ。 青山BCの今。プレミアム熱い!
4












お二人の顔を見てみると、とても穏やかです。
プレミアムセットでの打合せが至福の時へと導いている。


◎ケヤキストレート型180×100僂龍望絅董璽屮襪砲蓮
 こちらのシャープなデザインの鉄脚がよく似合う。
 そこには腰楽チンな、『新作・らくらく椅子シリーズ』、が合う!!

 デザイン色々。アーム付き&アームレス。バラエティ豊か。
 あなたもワタシも。老若男女皆さんに喜ばれる椅子です。
 ぜひ座りに来て下さい。 どうぞお待ちしております。


◆もう一度。  お間違いなく。  再確認です。
5












2月26日(木)を臨時お休みとさせて頂きます。
27日(金)からのご来店をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いします。

青山BC工房 楽(がく)



















ハマのオモシロ ひょうたん&たまご ダブルテーブル

ファミリー1
秋晴れの中、Yさんのオモシロテーブル納品に行ってきました!
「ひょうたん型」と「たまご型」2つのテーブル。
ふだんは、「ひょうたん」を囲んで、ダイニング。
「たまご」は、デスク。
IMG_2527
いっしょにつなげて、3世代みんなで集まるパーティーテーブルに。
カーブがうまくつながるように、カタチをつくりました。
IMG_2525
なんと、このお家、お父さんと、おじいちゃんで
躯体のほかは、セルフビルド!
コンクリートうちっぱなしのスケルトン状態から、
配管も内装も、ぜんぶ自分たちでつくりあげたそうです。
横浜BC工房でいろいろお話した後、
相模湖の工房まで見に行ってくれたYさん。
そこで「ひょうたんテーブル」と出会ってしまいました。
そして、そのくびれにピッタリ合う、「たまご」の原板にも。
自分たちでつくってきた空間だからこそ、
このカタチに「!!!」とキタのでしょう。
なかなか、フツウは、このカタチは選べません。

しかも、ダブルテーブル。
「ひょうたん」は、みんなでどこにでも座れる、リビングダイニングテーブル
「たまご」は、お子さんたちの勉強デスク、
お父さんのマニアックな趣味デスク、
お母さんの家事デスク、
もうひとつの「たまご」があるおかげで、中心の「ひょうたん」は、
ゆったり、食事、くつろぎ、に集中できます。
いずれ、お子さんの独立の時には、「たまご」を持っていく?
2つで、3倍、4倍おいしい?

日当たりのいいリビングで、いれたてのコーヒーをいただきながら、
「家は、くらしは、自分たちでつくるもの」と実感していました。
「これで、畑があったらサイコーですね」というと、
「あー、裏に30坪ほどあるんだよ」と。
いやー、マイリマシタ。

帰り際に「こんにゃく」をいただきました。
これも、なんとお父さんの手づくり!
玄関にあったのは、ごろっとした石かと思いきや、こんにゃくいもでした。

Yさん、次は「こんにゃく型」の座卓つくりましょうか?
ありがとうございます!

横浜BC工房
KAZU




ハマのオモシロΑ,泙だまテーブル

IMG_1832
今、横浜BC工房で今、イチオシのテーブル、「まがたまテーブル」!
「まがたま」って?
古来の装飾具で、縄文時代の遺跡からもでてくるくらい、
古来から日本に伝わるカタチ。
詳しい由来や、つかう目的は諸説ありますが、
いわゆる「三種の神器」として奉納されていることでも有名です。
神社でお守りとして扱われているのを見ることもありますね。
日本人のルーツにもかかわる、不思議なチカラを感じるカタチです。
IMG_1826
ずっと前に、BC工房のあるじから、
この「まがたま」を「好きなカタチ」と聞いたことがありました。
そのあるじ、たまごテーブルの木どりをする中で、
曲がった、くびれた木と出会い、
数十年来?あたためてきた「まがたま」のデザインがひらめいた!
IMG_1833
今週、新作デザインのテーブル脚ができました。
「クルクル脚」。
脚先にだんだんの皿?のついた不思議なデザインの脚。
この脚と出会った時、
私の中で、「まがたまテーブル」とのコラボがひらめいた!
まがたまテーブルと、クルクル脚、なんだかよくわからないけど、
久々に、「コレはキテル」を感じます。
このくびれには、特別な椅子を。くつろぎ工芸椅子。
このひろがりには、自由な、華やかな椅子を。
お茶爽やか椅子。こぶり秋桜椅子。
このテーブルには、自由な組み合わせを呼び寄せるチカラがありますよ。
きっちり決まったセットじゃない。
グッドデザインじゃない。
スッキリモダンじゃない。
もっと、本能的に、土着的に、ボーダーレスに、解放しろ!
と言われている気がします。
IMG_1797
バッドデザイン?
そう思われてもけっこう、けっこう。
これが、今、横浜BC工房のイチオシセットです。

このまがたまテーブル、30万円。
この3脚の限定椅子とセットで、50万円。

まがたまテーブルには、オモシロイ人を引き寄せるチカラがあるようです。
さあ、どんな人と出会えるか。
楽しみです。

横浜BC工房
KAZU


ヤリトリハートぁ  悒錺織靴旅せ』

皆さん、こんにちは。 BC工房のGAKUです。
大雪の影響でBCスタッフブログもストップしていました。(苦笑)
そんな訳ないだろ〜? パソコンは自然災害の影響ないぞ〜。
とツッコミの声が聞こえてきそうですが、本当に影響あるのです。(笑)

なぜなら、相模湖畔のきらきら&アマンBC工房は、雪で埋まってました。
スタッフ総出で雪かきし、復旧活動。各ショップは営業する為に準備。
BC工房は小さな工房。スタッフ皆で雪対応をしていました。

BC家具を購入され、今か。今か。と届くのを待っておられた方へ。
今回の大雪により、お届け延期をお願いしたり、ご迷惑をお掛けしました。
ようやく通常通りの動きに戻れました。 そんな訳でブログも再開。です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヤリトリハートぁ  悒錺織靴旅せ』

お客さんや、そのご家族と、その地、その暮らしに触れ合うコト。
そこでのヤリトリ。それがワタシのライフワークです。
『BC工房椅子の出前』 という事をジックリやってきた中で、
自然に染み着いた。まさにライフワーク。と思っています。
そんなワタシの日常の一幕をお伝えします。

◆今日は新宿・新大久保界隈へ出向きました。
 皆さんもご存じですね。韓国を味わえる街です。
 リピーターさんからの相談に、訪問対応しました。
 こちらも解決。Hさん喜んでくれました。ありがとうございます。


帰り道。通りを歩いていると、オモニが。    (韓国語で、お母さん。ですね。)
DSCN0519












韓国のり巻きを作っていました。隣ではチヂミ。屋台です。サッと買える手軽さ。
青山に。TAKEへ買って帰ろう。これもワタシの幸せ。ライフワークの一つ(笑)
知らない事。初めてのコト。好奇心。 モノづくりの上で大切なことなのです。

青山BCへ。 さあ11時オープンです。
お店では相談のお電話もイロイロ頂きます。
今日印象的だったのは神奈川県大和市在住の方から。
10人で使う無垢板テーブルを考えている。というご相談。

お客さんの話しを聞いていく。まずは聞き役として。シッカリと聞く。
電話の基本をシッカリとする。聞いてメモを取り、コチラからの質問をする。
そうやっていくと、会話のキャッチボールになります。


Mさんへ。   オススメ板を提案します。コチラです!!!
DSCN0532



















コチラは極上ケヤキ一枚板。 長さ300僉 幅85〜110僉 
今の青山にあるイチバン大きく凄いケヤキです。こちらを会話だけで、
まず説明します。コチラの板を伝えて。とにかく見に来てもらう。
見に来て欲しい。そういうキモチをコトバで伝える。伝わった??


どれだけ大きいのか?            周りと比べると一目瞭然です。
DSCN0533












周りも250僖ラスです。 それでも50冂垢い帆漢外磴Δ里任后
一階天板コーナー奥は、ワタシたち自慢の、『 青山アルプス山脈 』 (笑)


木目のダイナミックさ。           コレは見てもらわないと伝わらない。
DSCN0534












ワタシたちが出来るコトは限られている。
実物のパワーは、見て触って感じるのがイチバンです。
画像でも、型紙でも、コトバでも伝える手法は有りますが、
実物から、お客さん自ら感じるのがイチバンですよ。
この木目と色味と質感とカタチ。感じてほしいです。


お考え中。                   BC工房のユニークなシステムです。
DSCN0536












こちらのテーブル。Mさんに気に入って頂いています。
その場合。このように。『お考え中』、を貼ります。1〜2週間。
その間は迷って頂いて結構です。保管しておきますよ。
優先的にお答えを待っています。という意味の貼り紙です。



最後に。             屋台でオムニが作ってくれた、のり巻きをいただく。    
DSCN0541












BC工房のダイニングセットで頂く。テーブルの表情が有ります。
今のBC、彫刻仕上げも熱いですよ〜! ご飯は何倍も美味しくなる。

オム二が、「カムサムニダー。」 と言ってくれました。ありがとうですね。
異文化交流も楽しい。その地を感じる。お客さん宅の周囲からも感じる。
それがワタシの幸せ。の一つでもあります。どうもありがとうございます。

BCスタッフ GAKU
これまでの記事
BC2012catalog
BC工房カタログ
希望の方はこちら。


BC工房ホームページ
  • ライブドアブログ